ページ内移動用のリンクです


ビジネスソリューション

ENEOS INDUSTRIAL シリーズ MQL用生分解性切削油ユニカットジネンシリーズ

切削性、生分解性、安定性に優れた極微量切削油剤供給システム(MQL)専用油

生分解性に優れた合成エステルを基油に採用した、周辺環境・作業環境に優しいMQL用切削油です。

ユニカットジネンシリーズの特長

1. 優れた切削性能

微量で高い切削(潤滑)性が得られるような合成エステルを選定した切削油です。

2. 環境適合性が優れている

植物油などと同様に生分解性、安定性が高いので、人体や環境への負荷が少ない環境対応型です。

各種油剤の生分解性(CEC法)比較

各種油剤の生分解性(CEC法)比較

3. 安定性が優れている

植物油などに比べて安定性が優れているので、機械内面や周辺機器などがべた付くことの少ない油です。

MQLシステム

MQLシステム

4. 切削性能

エンドミル加工時の各給油条件下における切削抵抗を比較しました。

切削性能ミスト防止機能

加工条件  
工具 φ12mm超硬エンドミル4枚刃
回転数 1000rpm
切り込み 1mm(X方向)
送り 400mm/min(Y方向)
取りしろ 10mm
切削速度 5m/min(ダウンカット)
加工材質 S45C

5. タッピング性能

タッピング加工試験におけるタッピングエネルギー効率を算出することにより、切削性能を比較しました。

タッピング性能タッピングエネルギー効率 %

加工条件  
工具 M8ナットタップ(φ8mm)
ワーク S25C、AC8A(t=10mm)
リファレンス DIDA(通常供給)

6. 安定性・べたつき性

MQLシステムでは、霧状になった切削油がワークや工作機械内壁、ミストコレクター内部等に付着することが予想され、その際に薄膜酸化安定性の悪い切削油では粘着性物質などに変質し、作業環境の悪化が懸念されます。

安定性・べたつき性分子量変化(重量平均) %

試験方法 サンプル15mlをアルミ皿に入れ70℃、168時間加熱後、べたつき性を指触判断。また、GPCにて分子量変化率を測定。

代表性状

ユニカット
ジネン
シリーズ
密度
(15℃)
g/cm3
動粘度
(40℃)
mm2/s
引火点
(COC)℃
粘度指数 流動点
酸価
mgKOH/g
生分解性
OECD
301B%
危険物分類 用途
ユニカット
ジネンMQL
0.95 19 254 137 -45.0
以下
0.02 72 第4石油類 MQL
専用油
ユニカット
ジネンMF24W
0.90 24 284 199 -37.5 0.11 77 可燃性液体類 MQL
専用油
ユニカット
ジネンMFF
0.92 32 270 196 -25 0.75 77 可燃性液体類 マルチ
ファンクション

※代表性状値は商品の改良により予告せず変わる場合があります。

金属加工油一覧