ページ内移動用のリンクです


ビジネスソリューション

電気・電力小売事業

電力コストを削減する電力小売事業

当社では、環境に優しい天然ガスを燃料にして高効率な発電が可能な川崎天然ガス発電所をはじめ、自社保有の施設で発電した電力を安定的に供給することが可能です。
家庭用(低圧)から事業用(ビル・学校・工場など)(特別高圧・高圧)まで、さまざまなお客様に電力を販売しています。
今後もお客様の電気料金削減に貢献できるよう、最大限の努力をいたします。

電気事業(特別高圧・高圧)

東京電力・関西電力・中部電力・東北電力管内の特別高圧・高圧で電力をご契約のお客様につきまして、電力コスト削減のニーズにお応えします。

電力小売事業

燃料・発電・供給までの一貫体制でお届けします

JXTGグループの多様な燃料供給経験を活かし、石油、天然ガス、石油コークスなどの発電用燃料を低廉かつ安定的に調達して、経済性に優れた電力をお客様にお届けします。

豊富な発電事業の経験が新しい電力供給を支えます

自家発・IPPにおける発電設備の建設・運用の豊富な経験により、お客様に安心してお使いいただける信頼性の高い電力供給を行います。
(2008年度に電力小売事業(新電力)の主力発電所となる川崎天然ガス発電所(80万kW、当社引取り51%)の運転を開始しました。)

主要発電設備

今後計画予定の発電設備

電力の流れ

当社の電力は、一般送配電事業者(電力会社)の送配電ネットワークを使用してお客様に供給しています。

一般送配電事業者(電力会社)の送配電ネットワーク

電力会社の送配電ネットワークの中では、JXTGと電力会社の電気に区別はなく、電力会社と変わらない品質※1の電気を、電力会社よりお安く※2販売することができます。

  • ※1新電力固有の事情で停電することはありません。
  • ※2ご使用状況によっては、電力会社よりお安くできないケースがあります。

Q&A

Q1.従来の電力会社からの購入と変わる点は?
A.電力会社の送電線を使用して電力を供給するので、今までとなんら変わりません。電力供給会社が電力会社からJXTGエネルギーに変更となるだけです。
Q2.電力購入を始める前に利用者が負担する費用はどれくらいですか?
A.使用した電力を計算する機器などを設置するケースもありますが、JXTGエネルギーの負担で実施します。
Q3.発電設備の故障などにより、利用者側で停電することはありませんか?
A.万一、JXTGエネルギーの発電所が停止しても、電力会社から即時にバックアップを受けますので、電力の供給に支障はありません。
Q4.電力供給先を変えるまでに必要な時間はどれくらいですか?
A.お客様に電力を供給する前に、電力会社との協議が約1ヶ月かかります。原則、供給開始希望日の約1ヶ月前にご購入の意志表示をしていただきます。場合によっては、1ヶ月以上協議を要することもありますので、お早めにご相談ください。
Q5.電力コストの削減はどのくらいになりますか?
A.お客様がご利用になっている電力契約(高圧・特別高圧)や電力使用パターンにより変動しますので、個別にご相談させていただきます。
Q6.契約内容はどのようになるのですか?
A.特別高圧・高圧のお客様との契約内容については下記URLの電気需給約款をご確認ください。
電気需給約款(PDF:785KB/36ページ)