ページ内移動用のリンクです


カーライフサポート

ガソリン等の適正な取扱いについて

【お知らせ】ガソリン等の適正な取扱いについて

1.ガソリンや軽油の容器保管について

ガソリン・軽油の容器による保管は、防火安全上支障がある事態の発生が危惧されておりますので、極力お控えいただきますようお願いいたします。
特に、灯油用ポリ容器(20リットル)にガソリンを入れることは非常に危険ですので行わないでください。
また、セルフスタンドでは、利用者が自らガソリンを容器に入れることは消防法で禁じられております。
詳しくはガソリンや軽油の買いだめに関する防火安全上の注意事項(PDF:920KB)をご覧ください。

また総務省消防庁のホームページでは、灯油用ポリ容器にガソリンを入れた場合の火災危険性に関する実験映像をご覧いただけます。

2.セルフステーションをより安心してご利用いただくために

  1. セルフステーションで給油される際には、油が吹きこぼれないように、次の注意事項を守り、給油してください。
    1. 給油ノズルは、奥まで差し込む。
    2. 給油ノズルのレバーは、しっかり引く。
    3. 自動的に給油が止まったら、それ以上の給油はしない。
      ※給油を自動的に止めるオートストッパーは、給油ノズルが奥まで差し込まれていない場合や少しずつ給油した場合には、作動しないことがあります。
    4. 給油後は、給油ノズルを確実に元の位置へ戻す。
      ※給油ノズルは、落とさないようにお気をつけください。
    5. 給油後のキャップの締め忘れにもご注意下さい。
  2. 容器への給油について
    1. ガソリンをポリ容器に入れてはダメ!
    2. 専用のガソリン容器であっても、お客様自身がガソリンを容器に入れることは法律で禁止されています。
  3. 軽自動車への軽油誤給油について
    最近、セルフ給油で、お客様の誤認識により軽自動車に軽油を入れてトラブルになる事例が急増しているとの報道がありました。ガソリン車に軽油を入れて走行すると、白煙が上がりエンストするなど事故につながる場合がありますので、軽自動車には軽油を給油しないよう、くれぐれもご注意ください。