ページ内移動用のリンクです


会社情報

化学研究スクリーン用透明フィルム「KALEIDO SCREEN」

KALEIDO SCREENは、当社のナノテクノロジーを活用した開発中の製品です。

特長

従来のスクリーン用透明フィルムの透明度は70%程度ですが、当社品は世界最高水準の透明度90%を達成し、ほぼ無色透明です(写真1)。リアプロジェクションタイプ、フロントプロジェクションタイプの両タイプへの対応が可能です(図1)。

写真1 高い透明性を示すKALEIDO SCREEN
写真1 高い透明性を示すKALEIDO SCREEN

図1 フロントおよびリアプロジェクションの模式図
図1 フロントおよびリアプロジェクションの模式図

本成果の一部は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の戦略的イノベーション創出推進プログラム「高分子ナノ配向制御による新規デバイス技術の開発」より助成を受けたものです。

用途

ガラスやアクリル板に貼りつけても、その透明性を損なわないという特徴を活かし、プロジェクションマッピング(写真2、※1)などの空間演出用途への適用が期待されます。その他デジタルサイネージ(写真3、※2)、ヘッドアップディスプレイ(写真4、※3)材料などへの用途拡大を目指します。

写真2 プロジェクションマッピングとして使用した例
写真2
プロジェクションマッピングとして使用した例

写真3 デジタルサイネージのイメージ写真
写真3
デジタルサイネージのイメージ写真

写真3 デジタルサイネージのイメージ写真
写真4
ヘッドアップディスプレイのイメージ写真

  • ※1:映像を物体や建築物などに立体面の形状にあわせてプロジェクターにより投影することで、特殊な視覚効果を生み出す映像表現技術。
  • ※2:ディスプレイやプロジェクターといった映像機器と、コンテンツ配信システムとを組み合わせた広告・販促・インフォメーションツール。「電子看板」とも呼ばれる。公共交通機関の運行情報表示などとして当初利用されていたが、近年では商業施設や一般店舗などへ利用分野が拡大している。
  • ※3:自動車のフロントガラスなどに計器類やナビゲーション情報を投影して、運転者の視野に情報を直接映し出す装置。情報確認のために運転者が視点を大きく動かす必要がなくなり、事故の可能性を低減させる安全技術として期待されている。

性能データ

写真5 ロール形状のKALEIDO SCREEN写真5 ロール形状のKALEIDO SCREEN

  フロント用 リア用
全光線透過率 約87% 約90%
ヘイズ 約4% 約6%
厚さ 75μm
最大幅 約1,200mm

※上記は代表例です。また、製品化した場合には変更になる可能性がございます。

採用事例

プロジェクションマッピングイベント「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」に採用

図2 CLFのビジュアル図2 CLFのビジュアル

「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」(以下、CLF)は、株式会社ネイキッド殿(社長:村松 亮太郎氏)などが企画・運営する、街の夜景と3Dプロジェクションマッピングを始めとする映像演出とを融合した世界初の新感覚エンタテイメントイベントです。当社のスクリーン用透明フィルムをガラス窓に貼り付けることで、現実の夜景を損なわずに幻想的な3D映像と融合させることが可能となります。

KALEIDO SCREENの採用例はこちら
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/newsrelease/2015/20150807_01_1026053.html
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/newsrelease/2015/20150630_01_0794529.html

お問い合わせ

ウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ
  • ※「当社製品に関するお問い合わせ」→「その他当社製品」からお問い合わせください。
  • ※24時間受け付けております。
  • ※ご返信は営業時間時間内となります。
担当部署
機能化学品カンパニー 開発企画ユニット 開発推進グループ

中央技術研究所について

研究所概要

所在地

沿革

パンフレット

トピックス

トピックス一覧

発表・投稿リスト

発表・投稿リスト一覧