ページ内移動用のリンクです


CSR活動

特集2 多彩な次世代エネルギーへの挑戦

新時代を切り拓く“総合エネルギー企業”へ

社会が求めるエネルギーのニーズに敏感に対応するために

JXTGエネルギーは、原油、天然ガス、石炭、太陽光等の“一次エネルギー”を、ガソリン、灯油、都市ガス、電気といった“最終エネルギー”に変換し、社会、そして人々に安定供給する「総合エネルギー企業」として、今後も成長し続けることを目指しています。

そんな今、エネルギー業界は大きな転換期を迎えています。

世界のエネルギー需要を長年にわたって支え続けてきたのは石油ですが、近年、地球環境問題を受け、より環境負荷が少ないクリーンなエネルギーへの転換が求められるようになりました。また、1990年代から国際的に加速した電力自由化の動きで、電力会社以外の企業も電力事業に参入できるようになり、ビジネスモデルは大きく変化しています。

こうした時代の動きやニーズの変化に対応し、企業として成長し続けるために、JXTGエネルギーでは、次世代エネルギー事業に積極的に取り組んでいます。

JXTGエネルギーが手掛けるさまざまなエネルギー

次世代エネルギー事業 水素事業

製造から輸送、販売まで一貫した水素供給体制を構築

今、次世代を担うエネルギーとして最も注目を集めているものの1つが水素です。使用時にはCO2を排出しないクリーンなエネルギーであることはもちろん、燃料電池と組み合わせれば高いエネルギー効率を実現することができます。国は2014年に公表した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」で、“水素社会”の実現に向けた中長期の取り組み目標を示し、企業もそれに沿って燃料電池自動車(FCV)の販売や、FCVに水素を供給する「水素ステーション」の整備を始めています。

こうした流れを受け、JXTGエネルギーでは「水素ステーション」の積極的な展開を進めてきました。現在、全国に約90カ所※1ある「水素ステーション」のうち、JXTGエネルギーは40カ所を運営しており、石油精製事業で蓄積した水素の取り扱いに関するノウハウを活用しながら、水素を安定してお客様へお届けすべく努めています。2016年には横浜市に「水素製造出荷センター」を設置し、首都圏における水素供給体制を確立しました。水素の製造から輸送、販売まで、一貫したサプライチェーンを組めることは、水素事業におけるJXTGエネルギー最大の強みです。

水素供給サプライチェーン

燃料自動車への水素充填を模擬体験できる コーナーも。

また、JXTGエネルギーは、水素の普及啓発活動にも力を入れています。2017年、横浜市の「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン※2」内に、横浜綱島水素ステーションと、これに併設する形でショールーム「スイソテラス」をオープンしました。こうした取り組みを通じて、CO2を排出しない究極のクリーンエネルギーである水素の可能性を世界に発信していく予定です。

  • ※12017年10月時点。
  • ※2パナソニック(株)、野村不動産(株)、JXTGエネルギー等、異業種の複数事業者が協業、街全体でのエネルギーの効率的な利用等の先進的な取り組みを行い、環境配慮型のタウンマネジメント施設・集合住宅・技術開発施設・商業施設を計画する新たな街づくりプロジェクト。

水素社会の実現に向け、水素の魅力を発信


新エネルギーカンパニー 水素事業推進部 水素事業総括
グループ 担当マネージャー
多田 有一

「スイソテラス」は、未来の水素社会に向けた情報発信拠点として、JXTGエネルギーが展開するショールームです。「見る」「体験する」をコンセプトに、水素の特性や当社の取り組みを紹介するシアター、水素充填の模擬体験コーナー、水素ステーションに関する模型等を展示し、水素の力を身近に感じていただけるスペースとなっています。

オープンから約半年が経ちましたが、さまざまな企業や自治体の皆さま、そして家族連れをはじめ地元の方々にも多くお越しいただき、お陰様で累計来館者数は1,000名を突破しました。

今後もJXTGエネルギーでは、スイソテラスから水素社会の発展・成長にあわせた情報を発信するとともに、スマートタウンとの連携によるイベントの開催等を通じて、来るべき水素社会の在り方を皆さまとともに考えていきたいと思います。

次世代エネルギー事業 電力事業

電気の卸供給や家庭向け電力小売事業に参入


川崎天然ガス発電所

JXTGエネルギーは、自社保有設備で発電した電 秋田風力発電所力と外部調達電力の最適な組み合わせにより、電気の安定供給を行っており、長年にわたって発電に関するノウハウを蓄積してきました。1998年にはIPP事業※1に参加。全国の自社製油所から各地域の電力会社へ電気の卸供給を開始しました。また、2000年からの段階的な電力自由化に伴い、2003年には「ENEOSでんき」として電力小売にも参入しています。

これまでは、工場、商業施設、ビル等、大規模施設向けに高圧の電力を供給していましたが、2016年4月、電力小売の完全自由化を受け、家庭向けのサービスも開始。現在、2016年度に顧客満足度1位※2を獲得した首都圏中心の「ENEOSでんき」と、関東、中部、関西圏に供給エリアを持つ「myでんき」の2つのブランドを展開しています。

当社は、自社製油所の電源に加え、天然ガスなど環境負荷の少ないエネルギーも利用して発電しており、また太陽光、風力、バイオマス※3等再生可能エネルギー等も活用しています。

  • ※1独立系発電事業者(Independent Power Producer)として、電力会社に電気の卸供給を行う事業のこと。
  • ※22016年度JSCI(日本版顧客満足度指数)電力小売部門。
  • ※3建築廃材や樹木の間伐材、剪定枝などからつくられる燃料。燃焼時にCO2は発生するが、原料の植物が成長過程で大気中のCO2を吸収していることから、CO2排出をプラスマイナスゼロとして換算する「カーボンニュートラル効果」で、環境負荷の少ないエネルギーとして評価されている。

CO2削減につながる再生可能エネルギー発電事業

沖縄県最大のうるまメガソーラー発電所。年間発電量1,460万kWhは一般家庭約4,000世帯が一年に消費する電力に相当。

2012年度から始まった再生可能エネルギー固定価格買取制度を踏まえ、JXTGエネルギーは、自社やJXTGエネルギーグループの遊休地を活用したメガソーラー発電事業を推進しています。2013年2月に仙台メガソーラー発電所での商業運転開始を皮切りに、現在全国で17カ所でメガソーラー発電所が稼働しています。

また、バイオマス、水力、風力など、太陽光以外の再生可能エネルギーを利用した発電にも積極的に取り組んでいます。今後もこうしたクリーンなエネルギーを活用することで、JXTGエネルギーは、社会のCO2削減に貢献していきます。

次世代エネルギー事業 天然ガス事業

クリーンで供給安定性に優れた天然ガス事業の拡大を推進中

八戸LNGターミナル。LNG貯蔵容量は28万KL。

天然ガス(LNG)は燃焼時、酸性雨の原因となるSOx(硫黄酸化物)を発生せず、地球温暖化・大気汚染の原因とされるNOx(窒素酸化物)、CO2(二酸化炭素)の排出量も少ない、非常にクリーンなエネルギー資源です。また、地球における確認埋蔵量が豊富(1兆6,976億バレル・可採年数50.7年)で、産出国も世界各地に分布していることから、供給安定性にも優れています。こうした利点から、政府も天然ガスの利用拡大を推進しています。

JXTGエネルギーでは、2000年代以降、マレーシアやパプアニューギニア等、海外の天然ガス開発プロジェクトを積極的に展開しています。国内では、2006年岡山県に水島LNG(液化天然ガス)基地(岡山県倉敷市)を設け、2007年には青森にも八戸LNG基地(青森県八戸市)を開設。その後、さらに天然ガスの需要が見込まれたことから、2015年には八戸LNG基地を大型輸入基地化して八戸LNGターミナルに拡大。北海道にも釧路LNGターミナルを建設し、天然ガスの国内供給体制を整えています。

また、2017年10月には川崎市に都市ガスの製造や供給を行う扇島都市ガス供給株式会社を他社と共同で設立し、首都圏への都市ガス供給事業を目指しており、国内ガス事業の強化をさらに進めています。

資源エネルギー庁調べ。2015年末時点。

詳細はCSRレポート「特集2 多彩な次世代エネルギーへの挑戦」でご紹介しています