ENEOSの「走る広告塔」 タンクローリーのあゆみ

1930・1940年代

1935年頃(昭和10年頃) 「コーモリガソリン」のロゴ

当時の商標「コーモリガソリン」のロゴをつけたローリー。この頃から既に「走る広告塔」として活躍していたようです。
日本石油では、創立記念式典の会場に一羽の蝙蝠(こうもり)が舞い込んできたエピソードから「コーモリ」を社章や商品名に使用していました。

この時代の流行
  • あんみつ 1933年 発祥は1930年、「銀座 若松」とされ、現在も「元祖あんみつ」として提供されている
  • 喫茶店 1935年頃 酒類を扱わないカフェの呼び名として、この頃から定着した
  • パーマネント 1935年 山野愛子が国産パーマ機「ヤマノスター号」を開発し、パーマネントが普及する

1941年(昭和16年) 小倉石油との合併

日中戦争の勃発とともに、わが国は急速に戦時体制に突入していきます。
石油は、既に「輸入依存体制」であり、石油各社が合従連衡し、体質を強化することが国策でもありました。そのため、日本石油は、1941年(昭和16年)に業界第2位の小倉(おぐら)石油と合併。民間製油能力の約80%を占める大会社となりました。

写真は、合併直前に撮影されたもののようです。

1949年(昭和24年) カルテックスとの提携

日本石油は、カルテックスと1949年(昭和24年)に「石油製品委託販売契約」を締結。この契約により、カルテックスの石油製品が日本石油の販売ルートに乗ることになりました。
SSと同様に、ローリーにもカルテックスのロゴと赤い星マークが描かれ、戦後のわが国で全国的に親しまれるようになりました。

関連コンテンツ

新しい「ENEOS」誕生までのあゆみ

JX日鉱日石エネルギー(現:JXTGエネルギー)の発足によりENEOSは、日本最大のSSブランドに成長しました。新しいENEOSが誕生するまでのあゆみを、当時の時代背景とともに振り返ります。