炭素繊維複合材料

トウプリプレグ

JXTGエネルギーのトウプリプレグは、トウ(線維の束)にあらかじめ樹脂を含浸させた製品です。CFシャフト、ボンベ制作などに用いられる成形法であるフィラメントワインディング(FW)法に、トウプリプレグを用いることで、高い生産性を実現します。
Pitch系、PAN系の炭素繊維はもちろんのこと、ガラス繊維、各種エンプラ繊維など、お客様のご要望に応じた繊維と独自開発樹脂を組み合わせ、お客様のご要望に応じたトウプリプレグを開発します。

特長

トウプリプレグを用いたDry法は、Wet法(従来法)に比較し、高い生産性、作業性の向上をもたらします。

Wet法(従来法)

Dry法(トウプリプレグ使用)

Wet法   Dry法
不均一 樹脂含量の均一性 均一
60~100m/ 分 巻きつけ速度 ~300m / 分
あり 巻きつけ時のすべり なし
6~8時間 樹脂の室温寿命 1ヶ月
作業環境

樹脂含有量のばらつき

プリプレグと同様、独自開発樹脂を使用しています。以下はその一例です。

樹脂種類 硬化条件 ガラス転移温度
汎用エポキシ 130℃ / 2hr 130℃
高靭化エポキシ 130℃ / 2hr 130℃
高耐熱エポキシ 180℃ / 2hr 180℃

適用事例

パイプ

圧力容器

お気軽にお問い合わせください

機能材カンパニー 機能材事業企画部 CF複合材事業ユニット

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。