ナノインプリント関連

プロジェクタ用ナノインプリント

図1:無機波長板

ナノインプリントは、基材の表面にナノメートルサイズの微細構造を形成する技術です。微細構造の形状に応じて、様々な光学的機能を発現させることができます。
当社ではガラス基材上への無機材料によるインプリント(ガラスインプリント)により、プロジェクタ用無機波長板を開発いたしました。(図1)

図2:ガラスインプリント

ガラスインプリントでは、ガラス基材上に無機材料を塗布し、凹凸付きの元型を押し付けること微細構造を形成します。(図2)

図3:構造複屈折構造

当社の無機波長板は、ナノサイズの周期凹凸構造の構造複屈折現象※1により位相差を発現させており、形状で物性を制御することができます。

  1. ※1屈折率が周期的に変化する構造で、周期の大きさが光の波長と同程度になると屈折率が方向によって変わる現象

当社の無機波長板は、設計パラメータ調整により、位相差、透過率の波長依存性の制御が可能です。(図4)また、無機材料のみで構成されるため、高い耐熱性、耐光性を要求されるプロジェクタ用に適しています。(図5)

図4:青領域にて位相差λ/4、透過率最大化の設計(一例)​
図5:性能例

お気軽にお問い合わせください

機能材カンパニー 機能材事業化推進部 機能材事業化推進1グループ

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。