鹿島製油所

安全への取り組み

保安方針

  1. 1.安全とコンプライアンスを最優先に全ての業務に取り組み、AMA(安全・無公害・安定)操業を実現します。
  2. 2.保安に関する法令・諸規定を遵守します。
  3. 3.保安管理システムを継続的に改善し、事故、労働災害・業務上疾病ゼロを実現します。
  4. 4.大規模災害に対し備えるとともに、設備・組織・人の危機管理能力の向上に努めます。

鹿島石油株式会社 鹿島製油所長

防消火設備、防災訓練、社外との連携、非常措置体制

常時監視システムを完備し、24時間安全を守っています。

鹿島石油はコンビナートの中核的存在として、当初から施設のレイアウトをはじめ安全確保に留意をしてきました。 定期的に全装置を停止した点検を含め、きめ細かな設備の保守管理システムを確立しています。 また、訓練された防災要員が、昼夜24時間体制で出動に備えています。

防消火設備

災害・事故等緊急事態には即座に対応出来るよう資格ある者が定期的に防消火設備を点検・整備し、また、有事の際は専任した消防隊員が即座に出動し、防消火活動を行うことのできる体制となっています。

防災訓練

日頃より当所社員およびパートナー会社社員を含めて緊急事態を想定した対応訓練を行い、また、官民一体となった総合防災訓練には積極的に参加し、防災対応力の向上に努めています。

社外との連携

近隣事業所はもとより鹿島臨海工業地帯3地区・神栖市とも相互応援協定を締結しています。また、近隣事業所間の共同防災を組織するとともに、大型タンク火災に備えて、福島県の事業所と広域共同防災を組織し、必要に応じて防災資機材の相互融通・人員確保を行い、災害・事故の早期拡大防止に対応しています。

非常措置体制

災害・事故等緊急事態発生時は、パートナー会社を含む当所社員全員で対応する自衛防災隊を組織し、円滑な防災活動と地域住民への広報活動等を行える体制となっています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。