川崎製造所

石油化学製品の生産拠点としてさらに広がる原油の新たな可能性を支え続ける川崎製造所。

JXTGエネルギーは、石油精製と石油化学の一体化(CRI = Chemical Refinery Integration)による原油からの付加価値最大化を実現し、グループの競争力を高めることに取り組んできております。
川崎製造所は、川崎コンビナートの中核会社として安全・安定操業と環境の保全を最優先に考え、各社への安定的な製品とユーティリティの供給を行っていくとともに、社内他製油所、製造所との連携をさらに深め、より高い競争力を持つ石油化学製品生産拠点を目指していきます。

お知らせ

一覧へ

2018年3月26日

ウェブサイトをリニューアルしました

所長挨拶

平素は、川崎製造所の操業につきまして、格別のご理解とご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

川崎製造所は、1955年に旧日本石油グループの石油化学事業を担う生産拠点として設立されて以来約60年間川崎の地にあって、操業を継続してまいりました。

川崎製造所は、エチレン製造設備を有し、将来に向けた成長戦略の重要な生産拠点として、「安全」と「法令遵守」を最優先に、地域の皆様とともに発展していけるよう一層努力してまいる所存ですので、今後ともご理解、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

川崎製造所長 下村 啓

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。