川崎製油所・東燃化学川崎製造所

製油所・製造所紹介

概要

住所 〒210-8523
神奈川県川崎市川崎区浮島町7番1号
TEL 044-288-8301
操業開始 JXTGエネルギー 1955年、東燃化学 1962年

川崎製油所紹介パンフレット

東燃化学 川崎製造所紹介パンフレット

沿革

  浮島北地区 浮島南地区・川崎地区
1955年(昭和30年) 日本石油(株)の全額出資により日本石油化学(株)設立
1957年(昭和32年) 川崎地区塩浜エリアに、IPA・アセトン第1製造装置完成 
1959年(昭和34年) 川崎地区千鳥エリアにエチレン第1製造装置完成、ブタジエン第1製造装置完成
1960年(昭和35年) ゼネラル石油川崎製油所・日網石油精製 操業開始  
1962年(昭和37年) 東亜燃料工業・東燃石油化学川崎工場 操業開始  
1968年(昭和43年) C4装置(ブタジエン・イソブチレン・MEK)稼働  
1970年(昭和45年) 300号地(石油精製エリア)の拡張 浮島地区に第1エチレン製造装置(当時の浮島石油化学(株)装置)が完成
1971年(昭和47年) 第3スチームクラッキング装置稼働  
1987年(昭和62年) ゼネラル石油川崎工場での精製業務終了  
1987年~1999年(平成11年) アルキレーション装置(’87)連続再生改質装置(’90)軽油深度脱硫装置(’93)重質油脱硫分解装置(’97)ベンゼン回収装置(’99)  
1991年(平成3年) 浮島地区にCPX製造装置完成 
1999年(平成11年) 東燃・キグナス石油精製の業務統合  
2000年(平成12年) 東燃とゼネラル石油が合併し「東燃ゼネラル石油」へ  
2001年(平成13年) 東燃ゼネラル石油がキグナス石油精製を吸収合併  
2002年(平成14年) 日本石油化学(株)、社名を新日本石油化学(株)に変更
2006年(平成18年) 新日本石油化学(株)本社部門を、新日本石油(株)に統合
2008年(平成20年) 新日本石油精製(株)と新日本石油化学(株)とが合併し、当事業所の名称を新日本石油精製(株)川崎製造所に変更
2010年(平成22年) 新日本石油(株)、新日本石油精製(株)および(株)ジャパンエナジーが合併し、当製造所の名称をJX日鉱日石エネルギー(株)川崎製造所に変更
2016年(平成28年) JX日鉱日石エネルギー(株)、社名をJXエネルギー(株)に変更
2017年(平成29年) 原油処理能力235,000バレル/日へ  
JXエネルギーと経営統合し、JXTGエネルギー川崎製油所/東燃化学川崎製造所へ JXエネルギー(株)と東燃ゼネラル石油(株)が合併し、当製造所の名称をJXTGエネルギー(株)川崎製造所に変更
2019年(平成31年) 川崎製油所と川崎製造所の組織を統合し、事業所名を「川崎製油所」とする

地図・アクセス

浮島北地区

住所 〒210-8523
神奈川県川崎市川崎区浮島町7番1号
TEL 044-288-8301
バスご利用の場合
最寄駅 京浜急行大師線 産業道路駅にて乗り換え。「江川一丁目」バス停より臨港バス「浮島バスターミナル」
または「JXTGエネルギー浮島」行き「浮島町五番地」下車(乗車約10~12分)
タクシーご利用の場合
「JXTGエネルギー 200号地」とお伝えください。
  • 乗り場
    京浜急行大師線終点 小島新田駅 改札前(乗車時間:約10分)
    JR川崎駅または京急川崎駅からタクシーご利用の場合は、乗車時間 約30分。

浮島南地区

住所 〒210-8523 川崎市川崎区浮島町10番10号
最寄駅
京浜急行 京急川崎駅より京浜急行大師線
産業道路駅下車
(乗車時間:約8分、料金160円)
バス
京浜急行大師線 産業道路駅前1番乗り場より、川崎鶴見臨港バス急行「JXTGエネルギー浮島」行き
「JXTGエネルギー浮島」(終点)下車(乗車約20分)
料金 210円
タクシー
ご利用の際は、「JXTGエネルギー浮島」とお伝えください。
  • 乗り場
    小島新田駅 改札出てすぐ
    (乗車時間:約10分、料金:約1,500円)
    (JR川崎駅または京急川崎駅からタクシーご利用の場合は、乗車時間 約30分、料金 約3,800 円)

川崎地区

住所 〒210-8523 川崎市川崎区夜光二丁目3番1号
最寄駅
JR東日本 川崎駅または京浜急行 京急川崎駅
バス
市営バス 川 04系統「市営埠頭」行き、川 05系統「東扇島循環」行き
「JXTGエネルギー前」または「千鳥町北」下車(乗車約20分)
料金 210円
タクシー
ご利用の際は、「JXTGエネルギー塩浜」または「JXTGエネルギー千鳥」とお伝えください。
  • 乗り場 川崎駅東口 料金 約2,000円

主要装置構成

浮島北地区

石油精製設備

設備名称 基数 能力
常圧蒸留装置 2基 235,000バレル/日
減圧蒸留装置 2基 123,000バレル/日
接触改質装置 2基 56,000バレル/日
重質油脱硫分解装置 1基 34,500バレル/日
流動接触分解装置 1基 92,000バレル/日

化学品製造設備

設備名称 能力
スチームクラッキング装置 540千トン/年
パラキシレン回収装置 170千トン/年
ブタジエン抽出装置 115千トン/年
プロピレン回収装置 170千トン/年
イソブチレン抽出装置 110千トン/年
石油樹脂製造装置 37千トン/年
常圧蒸留装置
重質油脱硫分解装置
流動接触分解装置
分解ナフサ脱硫装置
アルキレーション装置

浮島南地区・川崎地区

設備名称 製品 生産能力(トン/年)
エチレン製造装置 エチレン 448,000
高純度プロピレン(PGP) 273,000
OCT プロピレン(PGP)
  • Olefins Conversion Technology
136,000
高純度プロピレン製造装置 プロピレン(PGP) 115,000
ブタジエン製造装置 ブタジエン 81,000
BTX製造装置 ベンゼン 107,000
トルエン 67,000
キシレン 24,000
ノルマルヘキサン 10,000
CPX製造装置 パラキシレン 350,000
オルソキシレン 102,000
ベンゼン 62,000
ノルマルパラフィン製造装置 ノルマルパラフィン 91,000
ナフテゾール(ナフテン系溶剤) 28,000
LAB製造装置 アルキルベンゼン(LAB) 86,000
ポリブテン製造装置 日石ポリブテン(ポリブテン) 20,000
ハイモール、テトラックス(ポリイソブチレン) 7,000
UD製造装置 ジシクロペンタジエン 13,000
IPA製造装置 イソプロピルアルコール 88,000
イソプロピルエーテル 800
イソオクテン製造装置 イソオクテン 20,000
AFソルベント製造装置 AFソルベント 79,000
エチレン製造装置
OCT製造設備
PX製造装置
ノルマルパラフィン製造装置
ポリブテン・ポリイソブチレン製造装置
BTX製造装置

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。