川崎製油所・東燃化学川崎製造所

安全への取り組み

防消火設備、防災訓練、社外との連携、非常措置体制

防消火設備

消防船「青海2号」

万一、火災、漏油などの事故が発生した場合に備えて、大型化学消防車、大型高所放水車、泡原液搬送車、可搬式放水銃、オイルフェンス、油回収船、大容量泡放水砲等を導入しています。民間消防船として東京湾最大級の消火能力を有する消防船も配備しています。

防災訓練について

防災訓練

当所における防災訓練の計画立案は「防災規程」、「地震防災規程」及び「教育訓練規程」に定めており、総合防災訓練、連絡訓練、休日夜間防災訓練を定期的に実施しています。さらに、社内における訓練として、消火器訓練、安否確認訓練、避難訓練、警戒体制対応訓練等も実施しています。 また、近隣各社と構成している浮島共同防災協議会では、月1回の中規模訓練、年4回の技能向上訓練他、消防競技会、緊急連絡訓練、避難訓練、機関員教育訓練、化学車操法訓練、千鳥地区との相互応援訓練等が計画に基づき確実に実施されています。

社外との連携

当所では「高圧ガス保安協会」や「京浜臨海地区石油コンビナート等特別防災区域協議会」等の協議会に参画し、その理事会や専門部会を通して法改正、通達、事故等の情報交換を行っています。さらに、浮島共同防災協議会、川崎海上共同防災協議会と関連事業所間合同防災訓練を実施しています。また、監督官庁と連携した訓練として、「神奈川県石油コンビナート等防災本部との地震津波時における情報伝達訓練」、「川崎臨海部防災協議会との情報伝達訓練」、「高圧ガス防災協議会との事業所緊急出動訓練」、「京浜特防協との防災訓練」等を実施しています。

非常措置体制

当所では、火災、設備事故等異常現象発生時は、石油コンビナート等災害防止法等に基づき、円滑に防災活動を実施し、被害を最小限にとどめることができるようにした組織体制を構築しています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。