川崎製油所・東燃化学川崎製造所

製油所・製造所紹介

概要

住所 〒210-8523
神奈川県川崎市川崎区浮島町7番1号
TEL 044-288-8301
操業開始 JXTGエネルギー 1960年、東燃化学 1962年
敷地面積 205万m2(62万坪)
原油処理能力 235,000バレル/日

川崎製油所紹介パンフレット

東燃化学 川崎製造所紹介パンフレット

川崎製油所紹介動画

沿革

分解ナフサ脱硫装置
1960年(昭和35年) ゼネラル石油川崎製油所・日網石油精製 操業開始
1962年(昭和37年) 東亜燃料工業・東燃石油化学川崎工場 操業開始

拡充期

1968年(昭和43年) C4装置(ブタジエン・イソブチレン・MEK)稼働
1970年(昭和45年) 300号地(石油精製エリア)の拡張 
1971年(昭和47年) 第3スチームクラッキング装置稼働

高効率高付加価値化

1987年(昭和62年) ゼネラル石油川崎工場での精製業務終了
同年~1999年(平成11年) アルキレーション装置(’87)連続再生改質装置(’90)軽油深度脱硫装置(’93)重質油脱硫分解装置(’97)ベンゼン回収装置(’99)
1999年(平成11年) 東燃・キグナス石油精製の業務統合
2000年(平成12年) 東燃とゼネラル石油が合併し「東燃ゼネラル石油」へ
2001年(平成13年) 東燃ゼネラル石油がキグナス石油精製を吸収合併
2017年(平成29年) 原油処理能力235,000バレル/日へ
同年 JXエネルギーと経営統合し、JXTGエネルギー川崎製油所/東燃化学川崎製造所へ

地図・アクセス

バスご利用の場合
最寄駅 京浜急行大師線 産業道路駅にて乗り換え。「江川一丁目」バス停より臨港バス「浮島バスターミナル」
または「JXTGエネルギー浮島」行き「浮島五番町」下車(乗車約10~12分)
タクシーご利用の場合
「JXTGエネルギー 200号地」とお伝えください。
  • 乗り場
    京浜急行大師線終点 小島新田駅 改札前(乗車時間:約10分)
    JR川崎駅または京急川崎駅からタクシーご利用の場合は、乗車時間 約30分。

主要装置構成

石油精製設備

設備名称 基数 能力
常圧蒸留装置 2基 235,000バレル/日
減圧蒸留装置 2基 123,000バレル/日
接触改質装置 2基 56,000バレル/日
重質油脱硫分解装置 1基 34,500バレル/日
流動接触分解装置 1基 92,000バレル/日

化学品製造設備

設備名称 能力
スチームクラッキング装置 540千トン/年
パラキシレン回収装置 170千トン/年
ブタジエン抽出装置 115千トン/年
プロピレン回収装置 170千トン/年
イソブチレン抽出装置 110千トン/年
石油樹脂製造装置 37千トン/年
常圧蒸留装置
重質油脱硫分解装置
流動接触分解装置
分解ナフサ脱硫装置
アルキレーション装置

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。