水島製油所

製油所紹介

概要

水島臨海工業地帯の中心部に位置し、320,200バレル/日(約50,912kl/日)と国内最大の原油処理能力を有する近代的総合製油所です。数多くの2次装置を装備し、燃料油、潤滑油、石油化学製品、石油コークス等を、全国各地に出荷する一方、水島地区石油化学、電力鉄鋼コンビナートの中核として、コンビナート内に燃料油やナフサ、芳香族製品を供給しています。

水島製油所紹介パンフレット

水島製油所紹介動画

沿革

B工場

1961年(昭和36年) 日本鉱業(株)水島製油所として操業開始。(4万バレル/日)
1965年(昭和40年) 第二期工事完成(9万バレル/日)
1968年(昭和43年) ノルマルパラフィンの本格生産開始
1969年(昭和44年) 集中化装置完成(16万5000バレル/日)
1970年(昭和45年) 当時、国内第二の大型製油所(19万200バレル/日)となる。
1973年(昭和48年) 流動接触分解装置、潤滑油製造装置完成
1986年(昭和61年)5月 アルキレーション装置完成
1991年(平成3年) 接触改質装置(CCR)、ベンゼン製造装置完成
1992年(平成4年) 重質油熱分解装置完成
共同石油(株)との合併により日鉱共石(株)に社名変更
1993年(平成5年) (株)ジャパンエナジーに社名変更
1998年(平成10年) コークスボイラー完成
2009年(平成21年) コンデンセート精製装置(研究設備)実証運転開始
2010年(平成22年) JX日鉱日石エネルギー(株)設立
新日本石油精製(株)水島製油所、(株)ジャパンエナジー水島製油所の一体運営スタート
2016年(平成28年) JXエネルギー(株)に社名変更
2017年(平成29年) JXTGエネルギー(株)に社名変更
常圧蒸留装置

A工場

1961年(昭和36年) 三菱石油(株)水島製油所として操業開始 (4万バレル/日)
1966年(昭和41年) 第2常圧蒸留装置完成(8万バレル/日)
1968年(昭和43年) 高級潤滑油製造装置完成
1969年(昭和44年) 流動接触分解装置完成
1973年(昭和48年) 第3常圧蒸留装置完成(5万バレル/日)
1999年(平成11年) 日本石油(株)との合併により日石三菱(株)に社名変更
1999年(平成11年) 日本石油精製(株)との統合により日石三菱精製(株)に社名変更
2002年(平成14年) 興亜石油(株)等との合併により新日本石油精製(株)に社名変更
2005年(平成17年) プロピレン精留装置完成
2006年(平成18年) 水島LNG基地完成
2009年(平成21年) 第1溶剤脱瀝(れき)装置完成
2010年(平成22年) JX日鉱日石エネルギー(株)設立
新日本石油精製(株)水島製油所、(株)ジャパンエナジー水島製油所の一体運営スタート
第2常圧蒸留装置廃止
2011年(平成23年) 高過酷度流動接触分解プロセス実証研究装置完成
2016年(平成28年) JXエネルギー(株)に社名変更
2017年(平成29年) JXTGエネルギー(株)に社名変更

地図・アクセス

B工場(本館) A工場
山陽新幹線新倉敷駅 車で30分 車で20分
水島臨海鉄道水島駅 車で10分 車で5分
JR児島駅 車で20分 車で30分
瀬戸中央自動車道水島インター 車で15分 車で25分
山陽自動車道玉島インター 車で40分 車で30分

主要装置構成

B工場

設備名称 能力
第2常圧蒸留装置 90,200バレル/日
第3常圧蒸留装置 90,000バレル/日
第1接触改質装置 5,000バレル/日
第3接触改質装置 26,000バレル/日
第1減圧蒸留装置 36,000バレル/日
第2減圧蒸留装置 73,000バレル/日
流動接触分解装置 49,000バレル/日
アルキレーション装置 9,000バレル/日
重質油熱分解装置 30,000バレル/日
ノルマルパラフィン製造装置 12,500バレル/日
第2キシレン製造装置 13,000バレル/日
フルフラール溶剤抽出装置 11,000バレル/日

A工場

設備名称 能力
第3常圧蒸留装置 140,000バレル/日
第2真空蒸留装置 17,000バレル/日
第3真空蒸留装置 60,000バレル/日
第5ユニファイニング・プラットフォーミング装置 25,000バレル/日
第7ユニファイニング・プラットフォーミング装置 22,600バレル/日
流動接触分解装置 46,000バレル/日
アルキレーション装置 9,300バレル/日
重油直接脱硫装置 45,000バレル/日
第1パラキシレン製造装置 720トン/日
第2パラキシレン製造装置 720トン/日
第1スルフォラン抽出装置 4,500バレル/日
第2スルフォラン抽出装置 12,000バレル/日
第3スルフォラン抽出装置 8,100バレル/日
トルエン不均化装置 6,000バレル/日
プロピレン精留装置 6,100バレル/日
第1溶剤脱瀝装置 22,200バレル/日
常圧蒸留装置
減圧蒸留装置
流動接触分解装置
水素化脱硫装置
接触改質装置
パラキシレン製造装置
スルフォラン(芳香族)抽出装置
プロピレン精留装置
重質油熱分解装置
ノルマルパラフィン製造装置
コークスボイラー
高過酷度流動接触分解装置
溶剤脱れき装置

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。