大阪製油所

安全への取り組み

保安方針

当所は、次のとおり保安方針を定め、保安体制、日々の運転、装置の設計にも「安全の確保がすべてに優先する」、「安全の原点は人にある」との思想を徹底し、安全で事故のない製油所を目指しています。

  1. 1.安全最優先の文化の確立
  2. 2.保安・衛生法令と諸規定の遵守
  3. 3.保安管理システムの継続的改善による労災撲滅、安全操業の継続、健康リスクの低減
  4. 4.社員・協力会社員一体での自主保安活動の邁進

大阪国際石油精製株式会社 大阪製油所長

防消火設備、防災訓練、社外との連携、非常措置体制

防消火設備

あらゆる災害にも対応できる防消火設備を配備していることはもとより、火災発生時には専任の自衛消防隊により、即座に防消火活動が行う体制にあります。

防災訓練

毎年、計画的に保安技能教育訓練を実施し、中でも防災訓練は全社員で取り組み、非常時への備えをしています。

社外との連携

「石油コンビナート等災害防止法」等に基づいて社外関連事業所と共同防災組織を形成し、相互援助協定が締結されています。具体的には、堺・泉北臨海特別防災地区協議会、堺・泉北地区海上共同防災組織、大阪・和歌山広域共同防災協議会、大阪湾播磨灘排出油防除協議会に参画しています。また、相互に共同で定期的な訓練および情報交換を行なっており、緊急時の連絡方法や自主基準も整備されています。

非常措置体制

火災などの災害が発生した場合、当所社員および協力会社社員による自衛防災組織体制を確立し、円滑な防災活動と地域住民への広報活動などを行います。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。