和歌山製油所

安全への取り組み

保安方針

JXTGエネルギーのグループ安全方針をご覧ください。

また、高圧ガス認定事業所として、特定要求事項・保安管理方針・保安管理目標を定め周知することにより、安全・保安管理活動を推進しています。

防消火設備、防災訓練、社外との連携、非常措置体制

防消火設備

当所では石災法に基づき、大型高所放水車、大型化学消防車、泡原液搬送車の消防車3点セットを1セット、大型化学高所放水車、泡原液搬送車の消防車2点セットを2セット配備しています。各装置やタンクの周りには消火栓、消火器の他、固定式・移動式泡消火設備、固定式散水設備、水幕設備等を設置しており、定期点検によって機能の維持を図っています。水源は、工業用水と海水から取水しています。
また、海上災害、海上油流出等の海上災害に備え、防災船「KESORA」を配備し、海上災害への体制を備えています。海上への油流出に対しては、オイルフェンス、油処理剤、油吸着材を配備し、油回収作業船と併用して使用します。

防災訓練

万一の災害に備え、工場内防災訓練、海上防災訓練など、日頃から当所社員及び協力会社員による緊急時の対応訓練を行い、防災対応力の向上に努めています。

社外との連携

災害の発生拡大を防止するために、和歌山北部臨海広域消防協議会、大阪・和歌山広域共同防災協議会、和歌山県排出油等防除協議会など、近隣の事業所と相互の応援協定を締結しています。

非常措置体制

火災などの災害が発生した場合、当所社員及び協力会社員による自衛防災体制を確立し、円滑な防災活動と地域住民への広報活動などを行います。

有田市総合消防訓練
海上パトロール

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。