東燃ゼネラルグループの歩み

1 戦前:1893年、アメリカの企業「ヴァキューム・オイル」と「ソコニー」の日本支社が設立された。1932年に両企業は「(米)ソコニー・ヴァキューム」として合併。その後、1934年には「スタンヴァック」に社名を改める。2 太平洋戦争と終戦後:1939年、航空ガソリン、航空潤滑油の製造のため、日本の石油会社8社の共同出資により「東亜燃料工業株式会社」(1989年 東燃株式会社に社名変更)が、設立される。1949年には、東亜燃料工業はスタンヴァック社と提携し、スタンダード・オイルの技術を導入。また、スタンヴァック社は、東亜燃料工業の株式51%を取得する。(後年50%へ引き下げ)一方、1947年、財閥解体により、三井物産の燃料部が、「ゼネラル物産株式会社」(後のゼネラル石油株式会社)として独立。元売り会社の認定を受ける。1958年には「ゼネラル石油株式会社」に社名変更する。3 高度成長期:1960年、東亜燃料工業は「東燃石油化学株式会社」(現・東燃化学)を設立。また、同年には三井物産の100%子会社として「三井物産石油販売株式会社」を設立。他にも「日東化学工業」と「ユニオン・カーバイド・コーポレーション(UCC)」が合弁会社として「日東ユニカー株式会社」を設立。後に日東ユニカーは、1965年に日本側株主が「三菱レイヨン」になり、1966年に「日本ユニカー株式会社」に社名を改めている。1961年、スタンヴァック社は解体され、「エッソ・スタンダード石油株式会社」と「モービル石油株式会社」(1982年 エッソ石油に社名変更)が設立される。1963年には、モービル石油と三井物産石油販売の折半出資により、石油精製専業会社「極東石油工業株式会社」設立。4 エクソンモービル・ジャパングループ再編:1980年、日本ユニカーは日本側の株主が東燃石油化学に変更。1990年には三井物産石油販売が「三井石油株式会社」に社名変更する。また、一方では2000年に東燃とゼネラル石油は「東燃ゼネラル石油株式会社」へ合併。2002年にはエッソとモービルも合併「エクソンモービル有限会社」に。1999年にエクソン(エッソ)とモービルが合併したことにより、両社が日本に出資している企業群の再編も進む。5 新生東燃ゼネラルグループ発足、拡大:2012年、エクソンモービルは社名を改め「EMGマーケティング」へ。同年6月、東燃ゼネラル石油は、EMGマーケティングの持分99%を取得し、グループとして一体経営を行うこととなる。2013年には、日本ユニカーが「株式会社NUC」に社名変更。ダウ・ケミカルから株式を取得、100%子会社となる。2014年には、三井石油が「MOCマーケティング」に。東燃ゼネラル石油は、三井物産の保有する三井石油の全株式を取得することで三井物産と合意。本取引により、三井石油と極東石油工業は、東燃ゼネラル石油の子会社となる。同年7月、MOCマーケティングの販売事業をEMGマーケティングに譲渡・統合、2015年7月に極東石油工業を東燃ゼネラル石油に吸収合併。 2016年8月、東燃ゼネラル石油は、JXホールディングスとの経営統合契約等を締結。 2017年1月、東燃ゼネラル石油は、EMGマーケティングを吸収合併。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。