ENEOSわくわく生き物学校 活動実績

参加者の声(2018年6月)

「ENEOSわくわく生き物学校」に参加された理由は何ですか?

  • コウノトリ野生復帰事業に興味があったことと、子どもにこのような自然体験活動をさせたかったためです。
  • 以前にも参加したことがあり、子どもの興味がとても刺激されて、その後の生き物への接し方が変わったこと、親にとっても楽しく学ぶことができる行事であるためです。
  • 他にない体験が出来ること、この時期でしか見ることが出来ない生き物に出会えるからです。
  • 昨年初めて豊岡を訪れ、初めてコウノトリを見ました。親子で感激し、またコウノトリを子どもに見せてあげたい、子どもにとって心身共に成長する素晴らしい体験となる、と思ったからです。

参加してよかったと思うことがあれば教えてください。

【子ども】

  • はじめてコウノトリを見られたことと、コウノトリが、すごい勢いで、えさを食べているところを見られたことです。
  • 生き物とたくさんふれあえることができてよかったです。コウノトリが羽をひろげたら、とても大きくてすごいはく力でした。
  • 自然でしかできないことができて、とても楽しかったです。1日目の生き物観察が一番楽しかったです。
  • 特に夜のスナガニとホタルの観察、自然再生活動が楽しかったです。

【保護者】

  • コウノトリを間近で見る事ができたこと、アユカケやシマゲンゴロウなどの絶滅危惧種も観察できたこと、子どもたちが自分達で考えて計画を立てる経験ができたことです。
  • 普段ではできない休耕田の活動やカニカゴ仕掛け、スナガニ見学、コウノトリ飼育施設の裏側見学など、子どもも大人も勉強になりました。
  • ヒメボタルを初めて見られて、しかも3種を同時に解説つきで見比べられたのに感動しました。また他の参加者の方の普段聞けないようなお話を聞けたこと、海も山もある自然にあふれた豊岡の様子がわかったことなど、たくさんあります。
  • 昨年の湿地作りを継続して観察できたこと、そして昨年の結果を踏まえて、どうすれば湿地が広がるか考え、作業できたことが良かったです。
  • 子どもたちは、気付きやチームで話し合う時間を持てたことで、振り返りや整理ができたと思います。

行く前後で、何かお子様に変化がありましたか?

  • 元々生き物好きですが、より詳しく知ろうとしたり、興味や自信(再生活動でスコップを上手に使えたなど…)をもったと思います。
  • ホタルについてとても気になって調べたり、帰って自宅で家族に自分から話をしたり、積極的になりました。
  • 昆虫や魚に興味をもつようになりました。
  • 家にハチの巣ができたのですが、じっくり観察する姿が今までと違いました。今までは一回見て終わり、今回は定点観察的な見方で、変化に気付く様になったと思います。”観察力”的な部分が出てきたのかもしれません。

JXTGエネルギーが、このような生物多様性保全活動や次世代育成支援活動に取り組んでいることについて、どう思われますか?

  • ガソリン使用によりCO2排出が多くなるという中、そういう事で利益を得ている会社が、こういった活動に取り組んでいるのは、素晴らしいと思いました。CO2排出による地球温暖化などは、世界共通の課題であるので、できるところができることをしていくことが必要だと思っています。
  • とてもいいことだと思います。できれば本業自体の無害化への活動もさらに取り組んでもらえたら…と思います。
  • 次世代に向けての環境保全活動は、1年や2年でできることではありません。長年の取組みによってコウノトリが再生されました。皆さんの強い意志と協力によっての結果を小学生の子どもが身をもって学べたことに感謝します。
  • 便利な世の中を維持するために自然を犠牲にするのが当たり前でなく、様々な活動をすることによって、自然と共生する姿勢がすばらしいと思います。
  • 生物多様性保全活動や次世代育成活動に取り組まれていることは、CSR活動としても有意義であると思います。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。