CSR活動トピックス

大分製油所

  • 社会貢献活動
  • 地域
  • 従業員参加

2019/11/17

車いすマラソン大会で運営ボランティア

11月17日、「第39回大分国際車いすマラソン大会」の運営ボランティアに所員10人が参加しました。所員は当所付近の交差点および大分市の三海橋東から三佐折り返し地点の間を交通整理員として、車両の誘導などを行いました。レースは、大分県庁前から大分市営陸上競技場までのコースで行われ、沿道には大勢の観客が応援に駆けつけ、温かな声援を送っていました。

  • 社会貢献活動
  • 地域
  • 従業員参加

2019/11/16

竹灯籠ライトアップイベントに参加

11月16日、大分県竹田市で行われた竹灯籠の灯で街中をライトアップする「たけた竹灯籠 竹楽(ちくらく)」の運営ボランティアとして所員4人が参加し、竹灯籠のろうそくに点火してから最後の消火と片付けまでを行いました。同市で展開する当社特約店や竹田市観光協会からの要請に基づき、参加し始めた運営ボランティアも今年で10回目の活動となりました。灯籠への点火は16時から順次行われ、今回は市内の竹楽エリアに配置された竹灯籠約2万本に火が灯り、市内各所は幻想的な風景となりました。

  • 安全確保/環境保全

2019/11/1

コンビナート火災訓練を実施

11月1日、当所にて大分地区コンビナート等特別区域総合防災訓練が実施されました。当訓練は石油コンビナート等災害防止法と大分県石油コンビナート等防災計画に基づき、関係機関の連携強化と災害対応能力の向上を図るために実施するものです。今回は県中部を震源とする震度5弱の地震のために当所タンクから火災が発生したとの想定のもと、警察および消防など17機関約180人が訓練に参加しました。訓練ではけが人の救助訓練のほか、公設消防および自衛消防隊などが高所放水車による消火活動を行い、海上でも流出した油を回収する訓練が実施されました。

  • 社会貢献活動
  • エネルギー・環境
  • 地域

ENEOS童話の森・森林保全活動を実施

10月26日、大分県玖珠町にて「第30回ENEOS童話の森」森林保全活動を実施しました。大分製油所、九州支店、パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所およびパートナー会社の社員とその家族、総勢120人が参加しました。大人班は初めての作業である鹿侵入防止ネットの設置に取り組み、子ども班は花壇整備を行いました。昼食にはバーベキューを実施し、地元玖珠町のおいしい野菜を食べながら親睦を深めました。

  • 社会貢献活動
  • エネルギー・環境
  • 地域

2019/5/11

森林保全活動を実施

5月11日、「ENEOS童話の森」の保全活動を実施し、大分製油所、九州支店およびパンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所の社員とパートナー会社の方々152人が参加しました。今回、大人班は遊歩道の整備やシイタケのコマ打ちの作業、子ども班は花壇整備などを行いました。今後も地域の環境保全のために貢献していきます。

  • 社会貢献活動
  • エネルギー・環境
  • 従業員参加

2018/12/15

ツル伐りボランティアに参加

大分製油所は12月15日、大分スポーツ公園(大分市)におけるツル伐りボランティアに8人が参加しました。これは大分銀行ドーム周辺の里山を整備する活動で、当該地は2019年秋に開催予定の「ラグビーワールドカップ」会場の同ドームの近くにあり、多くの観戦者が来場することが想定されています。当日は、同公園周辺に生えている樹木の枝と、その枝に巻きついているツルをのこぎりで取り除いていきました。作業後は視界が広がるほどすっきりと整備され、無事に活動を終えることができました。

  • 社会貢献活動
  • 地域

2018/12/12

自治会近況報告会を開催

大分製油所は、12月12日、三佐・家島地区自治会長の方々をお招きし、自治会近況報告会を開催いたしました。今回は製油所トピックスおよび社会貢献活動についてご報告いたしました。

  • 社会貢献活動
  • スポーツ
  • 地域

2018/11/18

大分国際車いすマラソン大会にボランティアとして参加

11月18日、大分製油所の所員15名が、第38回大分国際車いすマラソン大会の運営ボランティアに参加し、当所近隣交差点で交通整理員として活動を行いました。

  • 社会貢献活動
  • 文化
  • 地域

2018/11/17

「たけた竹灯籠 竹楽」に運営ボランティアとして参加

11月17日、大分製油所の所員が、竹灯籠による街並みのライトアップイベント「たけた竹灯籠 竹楽(ちくらく)」(特定非営利活動法人里山保全竹活用百人会主催)にボランティアとして参加しました。当社特約店や竹田市観光協会からの要請に基づき参加を始めた運営ボランティアも、今年で9回目となります。当イベントは武家屋敷や古刹(こさつ)が点在する市街地等に三本組みの竹灯籠を配置し、竹の中のろうそくに火を灯して幻想的な風景を醸し出すもので、約20,000本の竹を使用することから竹の需要減や竹林の荒廃が進む現状を改善する目的も兼ねています。

  • 安全確保/環境保全

2018/11/5~8

製品緊急出荷訓練(BCP訓練)を実施

11月5日から8日にかけて、大分製油所はBCP訓練を実施し、今回初めて非常用出荷設備の実働訓練を実施しました。当所では近い将来に発生が想定される南海トラフ地震に際して、レギュラーガソリン等の6製品を、発生後24時間以内に現陸上出荷能力の2分の1の量を出荷可能とすることを目的として、出荷設備を配備しています。本訓練では仮設配管およびポンプを格納場所から搬出する実配置訓練を実施し、配管の接続等の一連の作業を再確認しました。

  • 安全確保/環境保全

2018/10/16

ブラインド型防災訓練を実施

10月16日、大分製油所は2018年度第2回総合防災訓練を実施しました。今回は当所初のブラインド型訓練ということで、事前に所員へのシナリオ公表は一切なく開始されました。装置火災、2名の負傷者が発生するという想定のもと、各隊は日ごろの訓練に基づき対応しました。

本社・事業所別一覧

グループ会社別一覧

JXTGは、社名もENEOSへ!

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。