研究開発

沿革

1888(明治21年) 日本石油 創立
1889(明治22年) 小倉油店 創立(大正14年 小倉石油)
1905(明治38年) 久原鉱業 創立(昭和 4年 日本鉱業)
1916(大正5年) 日本石油、化学研究所を柏崎に設置(大正10年 試験所に改組、昭和14年 陸軍に移管)
1931(昭和6年) 三菱石油 創立
1933(昭和8年) 東洋商工 創立(昭和16年 興亜石油)
1938(昭和13年) 小倉石油、研究所を横浜に設置
1939(昭和14年) 東亜燃料工業 創立(平成元年 東燃)
1940(昭和15年) 東亜燃料工業、研究所を清水に設置
1941(昭和16年) 日本石油、小倉石油を合併。小倉石油の横浜研究所を中央研究所に改組
1941(昭和16年) 三菱石油、研究部を設置
1945(昭和20年) 日本石油、中央研究所を中央技術研究所に改組
1949(昭和24年) 日本鉱業、鳥山試験所を設置
1951(昭和26年) 日本石油精製 創立(平成11年 日石三菱精製)
1955(昭和30年) 日本石油化学 創立(平成14年 新日本石油化学)
1958(昭和33年) ゼネラル石油 創立
1959(昭和34年) 日本鉱業、烏山試験所を戸田に移転し、中央試験所に改組(昭和39年 中央研究所に改組)
1960(昭和35年) 九州石油 創立
1961(昭和36年) 日本石油、中央技術研究所を川崎に移転
1961(昭和36年) 東亜燃料工業、研究所を上福岡に移転し、中央研究所に改組
1965(昭和40年) 共同石油 創立
1967(昭和42年) 日石化学、加工研究所を設置(昭和53年 樹脂研究所に改称)
鹿島石油 創立
1971(昭和46年) 日本石油、中央技術研究所を本牧に移転
1971(昭和46年) 興亜石油、大阪研究所を設置
1972(昭和47年) 三菱石油、研究部を研究所に改組
1977(昭和52年) 鹿島石油、研究所を設置
1980(昭和55年) 東亜燃料工業、中央研究所を総合研究所に改組
1980(昭和55年) ゼネラル石油、川崎商品研究所を設置(昭和56年 中央商品研究所、昭和61年 中央研究所に改組)
1985(昭和60年) 日本鉱業、中央研究所を総合研究所に改組
1991(平成3年) 日石化学、新材料研究所藤沢研究室を設置
1992(平成4年) 日本鉱業と共同石油が合併し、日鉱共石に商号変更(平成5年 ジャパンエナジー)
1993(平成5年) 興亜石油、大阪研究所を閉鎖
1998(平成10年) ゼネラル石油、中央研究所を閉鎖
1999(平成11年) 日本石油と三菱石油が合併し、日石三菱に商号変更(平成14年 新日本石油)
両社の研究所は中央技術研究所として統合
2000(平成12年) 東燃とゼネラル石油が合併し、東燃ゼネラル石油に商号変更
2002(平成14年) 日石三菱精製、興亜石油を合併し、新日本石油精製に商号変更
2003(平成15年) 東燃ゼネラル石油、総合研究所を浮島に移転し、中央研究所に改組
2005(平成17年) 新日本石油化学、研究開発部門を新日本石油に統合
2008(平成20年) 新日本石油精製、新日本石油化学を合併
2008(平成20年) 新日本石油、九州石油を合併
2010(平成22年) 新日本石油、ジャパンエナジーおよび新日本石油精製が合併し、JX日鉱日石エネルギーに商号変更(平成28年 JXエネルギー)
両社の研究所は中央技術研究所として統合
2017(平成29年) JXエネルギーと東燃ゼネラル石油が合併し、JXTGエネルギーに商号変更
両社の研究所は中央技術研究所として統合

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。