燃料研究

環境ハイオク

環境ハイオク ENEOS ハイオク

当社が開発した環境ハイオク 「ENEOS ハイオク」は、「サルファーフリー※1(硫黄分10ppm以下)の保証」と「高い清浄性能」を実現した環境対応ハイオクガソリンです。
「ENEOS ハイオク」は、清浄剤を配合し、エンジンをクリーンに保ちます。連続給油することにより、レギュラーガソリンに比べて吸気弁の汚れ付着を大幅に低減します。これにより加速性の悪化を防ぐとともに、排出ガスの発生を抑えられ、環境保全にも貢献します。

  1. ※1サルファーフリーとは
    燃料中の硫黄分が10ppm(10万分の1)以下のことを「サルファーフリー」と呼んでいます。将来、CO2を含めたさらなる車両排出ガスの低減(ゼロエミッション化)のためには、車両の新技術の早期導入とともに、燃料のサルファーフリー化が必要かつ最重要の条件とされています。

高い洗浄性能

エンジン洗浄性能とは

図1 エンジン清浄性能とは

吸気弁をはじめとするエンジン吸気系の汚れ付着を低減する効果です。吸気弁に汚れが堆積した場合、ガソリンの一部が吸着し、燃焼が悪化します。この汚れを付着しづらくすることにより本来のエンジン性能を発揮し続けることができます(図1)。

エンジンキープクリーン効果

吸気弁の汚れ付着を低減(図2)

当社の吸気弁キープクリーン試験※2の結果、レギュラーガソリンに比べて汚れ付着を大幅に低減しました。

  1. ※2 100時間(約5000km走行相当)の運転を行った時のエンジンの吸気弁の汚れ付着量を評価
図2 ENEOS ハイオクの吸気弁汚れ削減効果

サルファーフリーの保証

硫黄分規制を先取り

自動車用燃料にも環境対応が求められるなか、ガソリン中の硫黄分の規制が世界各国で実施されています。(表1)。日本においては2008年から硫黄分10ppmの規制(サルファーフリー規制)が実施されており、EUにおいては2009年からサルファーフリーが実施されています。
ENEOSのハイオクガソリンは、2002年からは発売以来サルファーフリーを保証し、環境規制を先取りしてきたハイオクガソリンです。

表1 日米欧のガソリン中の硫黄分の規制動向

西暦 2000~2003 2004 2005 2006・2007 2008 2009 2010~2012 2013~2020
日本 100ppm以下 50ppm以下 10ppm以下
米国 連邦 1000ppm以下 30ppm以下 2020年までに
10 ppm以下
加州 30ppm以下 15 ppm以下
EU 150ppm以下 50ppm以下 10ppm以下

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。