水素研究

水素インフラの構築

温室効果ガスCO2の削減と,エネルギー源の多様化によるエネルギーセキュリティーの担保を同時に満たす鍵として、水素社会の早期実現が期待されています。エネルギー供給者が担う使命は、十分な量の水素を消費者の求める場所へ安全・安定に供給すること。その実現には製造、貯蔵、輸送などあらゆる分野での技術革新が不可欠で、現在、当社を含め多くの企業、研究機関で活発な技術開発が行われています。水素は太陽光、風力、バイオマスなど再生可能な一次エネルギーを利用し、二次エネルギーとして製造されることが理想。まだまだ多くの技術的ブレークスルーと時間が必要ですが、具体的な研究テーマとして「CO2フリー水素」の製造技術、「高圧水素」「有機ハイドライド」などによる水素輸送・貯蔵技術、さらに「水素ステーションコストダウン技術開発」などの水素ステーション普及に向けた要素技術について、産学連携を活用しながら研究を行っています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。