発表・投稿リスト

環境対応燃料・潤滑油開発

2004年度

発表年月 タイトル 発表先 掲載Vol,発表場所
2005年3月 The Tribological Characteristics and Cutting Performance of Optimal Fluids for Near-Dry Machining (慶応義塾大学、香川大学と共同) CIRP International Workshop 精密工学会春季大会(2005.3)
2005年3月 MQLシステムを用いたタップ加工における加工性能評価(香川大学と共同) 精密工学会 精密工学会春季大会(2005.3)
2005年2月 XANES Study on Boundary Lubrication Films from Belt-Drive CVT Fluid(高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所と共同) 日本自動車工業会/日本トライボロジー学会 2005 TVT Symposium
2005年2月 銅系材料の圧延に適する新規添加剤の検討 ENEOS Technical Review Vol.47,No.1 第269号 P30
2005年1月 ベルト式CVTFの高摩擦係数化に向けた境界潤滑皮膜の構造解析 日本トライボロジー学会 第409回トライボロジー懇談会
2005年1月 エンジンオイルの物性と評価技術 日本機会学会 No.4-108講習会
2005年1月 Development of new JCMAS Hydraulic Fluid Specifications for Construction Machinery 他建機協油脂技術委員会 NCEP 105-91(2005)
2005年1月 塩素フリーの実現 塑性加工学会誌 vol46,No.528(2005-1)11.
2005年1月 繰返し板材成型向けトライボ・シミュレータによる潤滑性能評価(静岡大学と共同) 塑性と加工 46,528,71(2005)
2005年1月 銅および銅合金に対するエーテル化合物の圧延潤滑効果について(その3) (古河電工と共同) 銅と銅合金  
2005年1月 R134a冷蔵庫用新規エステル油の開発 冷凍 2005年1月号 Vol.80,No.927
2004年12月 有機Mo化合物の酸化防止性能の解析 石油学会 2004石油製品討論会
2004年12月 LUBRICATING CHARACTERISTICS AND CUTTING PERFORMANCE OF ESTERS FOR MQL SYSTEM(香川大学と共同) ICPMT China, (2004.12)
2004年11月 ENEOS CVTフルードの開発 ENEOS Technical Review Vol.46, No.4
2004年11月 ベルト式CVTFにより生成した境界潤滑膜の構造解析 -硫黄化合物組成が摩擦係数に及ぼす影響- 日本トライボロジー学会 トライボロジー会議2004秋
2004年11月 有機Mo化合物の酸化防止性能の関する検討(第1報) -過酸化物分解機構の解明- 日本トライボロジー学会 トライボロジー会議2004秋
2004年11月 有機Mo化合物の酸化防止性能の関する検討(第2報) -エンジン油における実用性能- 日本トライボロジー学会 トライボロジー会議2004秋
2004年11月 DPF堆積物に関する一考察 日本トライボロジー学会 トライボロジー会議2004秋
2004年11月 省エネルギー油圧作動油の開発と適用事例 JALOS環境フォーラム2004 東京
2004年11月 摺動面潤滑油のなじみ過程と境界潤滑特性変化(名工大と共同) 日本トライボロジー学会 秋季大会(2004-11月)
2004年11月 基油に関する基礎知識   ペトロテック、27(11)、p-881(2004)
2004年11月 Effect of Refrigeration Lubes on the Efficiency of Refrigeration Systems (Part2)- Improvement of Frictional Property The International Symposium on New Refrigerants and Environmental Technology 2004. 環境と新冷媒 国際シンポジウム2004
2004年11月 極微量切削液供給法(MQL加工法)における潤滑メカニズムの解明(黒田精工、マキノJ、慶応義塾大学、香川大学と共同) 機械学会 機械学会生産加工工作機械部門講演会(2004.11)
2004年11月 Standardization of New Sliver Probe for Cooling Power Test of Polymer Quenchant(大同化学、三進化学、日本グリース、出光、宇都宮大学と共同) (発表)IFHT第14回国際会議(掲載)材料熱処理学報(中国) 上海
2004年11月 銅および銅合金に対するエーテル化合物の圧延潤滑効果について(その3)(古河電工(株)と共同) 第44回銅および銅合金技術研究会 講演概要集、23(2004.11)
2004年11月 ベリリウム銅に対する最適油性剤処方の検討(日本ガイシ(株)と共同) 第44回銅および銅合金技術研究会 講演概要集、27(2004.11)
2004年11月 Study of Ether compounds efficiency in cold rolling oil for copper and copper alloys(古河電工と共同) International wrought copper council(2004.11) Switzerland
2004年10月 低硫黄燃料の動向 トライボロジスト(日本トライボロジー学会) 2004年10月号
2004年10月 FAME混合軽油の小型ディーゼル車の排気ガスに及ぼす影響(トヨタ自動車共同) 自動車技術会 秋季大会
2004年10月 燃料の組成がHCCIエンジンの燃焼特性に与える影響(日産自動車共同) 自動車技術会 秋季大会JSAE 20045553
2004年10月 XANES surface analysis of tribofilms generated from belt-drive continuouly variable transmission fluids(高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所と共同) 3rd International Symposium on Practical Surface Analysis Jeju(韓国)
2004年10月 The Evaluation of the Fuel-Economy Performance of Low-Viscosity Drive-Train Lubricants and The Development of Oils with Improvement Fatigue Life(工学院大学と共同) SAE 2004Powertrain & Fluid Systems Reminder
2004年10月 冷凍機油の動向と今後の展望 日本冷凍空調学会 2004年度 日本冷凍空調学会年次大会
2004年10月 An Advanced Oscillation Mixing Method for Improving the Cooling Uniformity in Quenching(オリエンタルエンヂニアリングと共同) (発表)IFHT第14回国際会議(掲載)材料熱処理学報(中国) 上海
2004年9月 最近の軽油・A重油の低温流動性に関する動向 ENEOS Technical Review vol.46 No.3
2004年9月 The Effect of Fuel Properties on HCCI Engine Combustion Characteristics and Performance(日産自動車共同) IFP International Conference Rueil-Malmaison, France
2004年9月 ベルト式CVTFに起因する境界潤滑皮膜のXANES分析 日本トライボロジー学会 添加剤技術研究会
2004年9月 アキシアルピストンポンプの斜板温度に及ぼす油圧作動油の影響(室蘭工大と共同) 日本機械学会 2004年度年次大会講演論文集(4) No.40-1 P.283
2004年9月 エステル系潤滑油のMQL加工性能とトライボロジー特性(Part.1 エステルの最適構造と加工性能) 機械学会 秋季大会、ワークショップ講演(2004.9)
2004年9月 銅系材料に適する新しい加工油 砥粒加工学会 38231
2004年8月 I章 3 エネルギー需要に関する業界の動向 3.2 最終消費エネルギー 3.2.3 運輸 日本エネルギー学会誌 2004年8月号
2004年8月 燃料・潤滑油・グリース 自動車技術 2004年 8月 vol.58 no.8
2004年8月 燃料・潤滑油・グリース 自動車技術 第58巻第8号
2004年8月 規格試験とその意義(工業用潤滑油) ENEOS Technical Review Vol46、No3
2004年8月 銅および銅合金に対するエーテル化合物の圧延潤滑効果について(その1)(古河電工と共同) 銅と銅合金 Vol.43(2004)P192
2004年8月 銅および銅合金に対するエーテル化合物の圧延潤滑効果について(その2)(古河電工と共同) 銅と銅合金 Vol.43(2004)P197
2004年7月 ベルト式CVTFの高摩擦係数化に向けた境界潤滑皮膜の構造解析:硫黄化合物組成が摩擦係数に及ぼす影響 日本トライボロジー学会 自動車のトライボロジー研究会
2004年7月 環境に優しく高性能なセミドライ加工用切削油の開発 油空圧技術 Vol.43 No.7 P54
2004年6月 Effects of CCD on Emissions from DISI Engine Using Different Fuel Distillation Properties(トヨタ自動車共同) SAE Fuel & Luburicants Meeting,Toulouse,France
2004年6月 Development of Low-Ash Type Heavy Duty Diesel Engine Oil for After-treatment Devices GFC/SAE 2004Spring F & L Meeting
2004年6月 Application of a Multifunctional Fluid to Environmentally Friendly Machine tools (豊田工機、慶応義塾大学、香川大学と共同) ICTMP Denmark, (2004.6)
2004年5月 The Effect of Fuel Properties on Low and High Temperature Heat Release and Resulting Performance of an HCCI Engine(日産自動車共同) 第二回国際技術セミナー 同志社大学工学部
2004年5月 金属ベルト式CVT用潤滑油の高摩擦発生機構に関する研究 ENEOS Technical Review Vol.46, No.2
2004年5月 エステル添加油潤滑下DLCの超低フリクション特性 第1報(日産自動車と共同) 日本トライボロジー学会 トライボロジー会議2004春
2004年5月 乗用車用低灰ディーゼルエンジン油の開発と使用限界に関する研究 日本自動車技術会 2004年春季大会
2004年5月 Development of Laboratory Evaluation Method for Detergency on Piston Undercrowns CIMAC Congress2004
2004年5月 Lengthen of the Maintenance Intervals for Diesel TES Engine Oil CIMAC Congress2004
2004年5月 舶用エンジン油 清浄性評価方法の開発 ENEOS Technical Review Vol.46, No.2
2004年5月 すべり案内面の摺動特性評価に関する研究-面性状と油剤種の相互作用(名古屋工業大学と共同) 日本トライボロジー学会 2004年春季大会
2004年5月 アルキルベンゼン充填変圧器中の絶縁紙と油の挙動 絶縁油分科会研究発表会 第24回(2004.05:京都)
2004年4月 油圧作動油に関するQ&A   月刊トライボロジーに2004年4月から2005年3月まで連載
2004年4月 MQL切削油剤の最近の動向 潤滑油経済 No.458 P18

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。