お知らせ

2018年度

「東北風土マラソン&フェスティバル2019」に協賛します!

~メイン会場に「ENEOSブース」を設置し、皆さまをお待ちしています~


東北風土マラソン&フェスティバル2019タイトル
 当社(社長:大田 勝幸)は、3月23日、24日に開催の「東北風土マラソン&フェスティバル2019(以下、「本イベント」)」に協賛しますので、お知らせいたします。


 本イベントは、2014年から宮城県登米市で開催されており、今回で6回目の開催となります。
「東北風土マラソン」は、春の東北の美しい湖畔を、東北各地の名物グルメを食べ、日本酒の仕込み水を飲みながら走る、宮城県唯一のフルマラソンコースを含めたファンラン大会です。また、地元グルメの飲食・物販ブースが並ぶ「登米フードフェスティバル」や被災地の復興状況が見学できるツアー「東北風土ツーリズム」など、東北の魅力をたっぷり味わえるイベントも同時開催されることから、子供から大人まで多くの方々にお楽しみいただけるイベントです。


 当日は、当社社員がマラソン大会や会場案内などのイベント運営をサポートするボランティアに参加し、本イベントを盛り上げてまいります。また、メイン会場となる長沼フートピア公園内に「ENEOSブース」を設置し、当社キャラクターであるエネゴリくんを用いたフォトスポットやオリジナルグッズを準備して皆さまをお待ちしております。ぜひお立ち寄りください。
 

以上

<イベント概要>

イベント名 東北風土マラソン http://tohokumarathon.com/
開催日 2019年3月23日(土)~24日(日)
メイン会場 長沼フートピア公園(宮城県登米市)
コース リレーマラソン、フルマラソン、ハーフマラソン、KIDSスマイルラン、親子ランなど
参加者数 約7,500人(定員)

 

イベント名 ・登米フードフェスティバル
・東北日本酒フェスティバル
・東北風土ツーリズム(23日のみ)
開催日 2019年3月23日(土)~24日(日)
メイン会場 長沼フートピア公園(宮城県登米市)
内容 登米市内外の食を味わえるイベント、東北各地の銘酒きき酒&販売、東北の食と風土を深く味わえるツアーなど
参加者数 約53,000人

 

<東北風土マラソン&フェスティバル2018の様子>

東北風土マラソン&フェスティバル2018の様子

提供:東北風土マラソン&フェスティバル実行委員会

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。