お知らせ

2019年度

東京2020ゴールドパートナーであるJXTGエネルギーは、 「2019オリンピックデーラン士別大会」に「ENEOSブース」を出展します!

各 位

 当社(社長:大田 勝幸)は6月23日(日)に北海道士別市で開催される「2019オリンピックデーラン士別大会」に「ENEOSブース」を出展しますので、お知らせいたします。

 公益財団法人日本オリンピック委員会(以下、「JOC」)が主催するランニングイベント「オリンピックデーラン」は、国際オリンピック委員会が定めるオリンピックデー(6月23日)を記念して、1987年から毎年全国で開催されています。

 本イベントは、参加者がオリンピアンやパラリンピアンと共に、MOVE(体を動かす)、LEARN(学ぶ)、DISCOVER(発見する)の3つの要素を持つ様々なプログラムに取り組むことにより、オリンピックやスポーツの楽しさに親しむと同時に、オリンピズム※1やオリンピックバリュー※2に触れることを目的としています。

 2018年度は、のべ26,656名※3が参加し、大変人気のイベントとなっております。2019年度は、全国9か所で開催する予定です。「士別大会」では、小塚 崇彦さんをはじめ多くのオリンピアンが参加します。「オリンピアンとのジョギング」や「オリンピアントークショー・サイン会」、「オリンピック実施競技体験コーナー(陸上競技・野球)」などが実施されます。

 当社は、東京2020ゴールドパートナー(石油・ガス・水素・電気供給)として、「ENERGY for ALL」を合言葉に、すべての人に「熱いエネルギー」をお届けする様々な活動を展開し、東京2020大会の成功に貢献してまいります。

JOC公式ウェブサイト: https://www.joc.or.jp/event/dayrun/

 

※1 スポーツを通じて心身を向上させ、さらには文化・国籍など様々な差異を超え、友情・連帯感・フェアプレーの精神をもって理解しあうことで、

   平和でよりよい世界の実現に貢献すること

※2 「エクセレンス(卓越性)」・「フレンドシップ(友情)」・「リスペクト(敬意)」といったオリンピックの価値のこと

※3 おおた大会2,911名、喜多方大会3,729名、士別大会3,044名、新潟大会名4,069名、長野大会2,396名、

   中津大会3,222名、ひたちなか大会3,436名、北九州大会3,849名

 

 

<2018オリンピックデーラン士別大会(9月2日開催)の様子>

20190617_01_2011378.jpg

20190617_02_2011378.jpg

 

<「2019オリンピックデーラン士別大会」概要>

20190617_03_2011378.jpg

 

<「2019オリンピックデーラン」年間スケジュール>

20190617_04_2011378.jpg

 


20190617_05_2011378.jpg

以 上

 

 

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。