お知らせ

2019年度

樹脂・複合材の専門展「第8回高機能プラスチック展」に出展

 

当社(社長:大田 勝幸)は、2019年12月4日(水)~6日(金)の3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されるリード エグジビション ジャパン株式会社主催の「第8回高機能プラスチック展」に100%子会社のJX ANCI株式会社、JX液晶株式会社と共にブースを出展いたします。 

今回は、初出展となる難燃・透明・高屈折の新規ポリマーのほか、低誘電エポキシモノマー、高耐熱熱硬化性樹脂をはじめ機能材のさまざまな製品・開発品を紹介するため、当社機能材カンパニー全体として本展示会へ出展いたします。なお、本ブースでは、石油化学製品の一部も同時に紹介いたします。

 

招待券(無料)をご希望の方は、展示会ホームページからご請求下さい。

<出展概要>

1.日時 2019年12月4日(水)~6日(金)
10:00 ~ 18:00(最終日は17:00まで)
2.会場 幕張メッセ 5ホール ブース番号27-52
3.出展製品

難燃・透明・高屈折の新規ポリマー(展示会初出展)

  • 従来技術では発現しない特徴を有する新規ポリマー
  • 当社独自のモノマー合成、重合技術によって、「難燃性」と「無色透明性」を両立
  • ポリマー設計により「高屈折率」、「耐熱性」を達成

低誘電エポキシモノマー

  • 当社独自原料の低誘電、低粘度の反応性のエポキシモノマー
  • 粘度が低く、反応性の希釈剤として混合することにより、従来のガラスエポキシ基盤と比較して、高速転送・高速通信に伴う信号ロスを抑えることが期待できる

高耐熱高熱伝導熱硬化性樹脂

  • 当社独自の熱硬化性樹脂配合技術により、高耐熱かつ低溶融粘度の熱硬化樹脂を開発
  • 高熱伝導フィラーを高充填することにより、高熱伝導度を達成

機能材:低誘電正接LCP射出成形グレード、ソフトアクチュエータ(展示会初出展)、脂環式エポキシ化合物モノマー エポカリック™、脂環式オレフィン、透明ポリイミド向け原料 エネハイド®、不織布(マイクロファイバー不織布、ナノファイバー不織布、吸音材)、ENEOSユニパウダー

石油化学製品:ハイモール・テトラックス(ポリイソブチレン)、日石ポリブテン(ポリブテン)、エバータック(特殊粘着剤)

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。