ニュースリリース

2018年度

2018年5月30日

米国のENB製造装置の生産能力増強について

 

 

各位

JXTGエネルギー株式会社

三洋化成工業株式会社

 

 

 当社(社長:杉森 務)と三洋化成工業株式会社(社長:安藤 孝夫、以下「三洋化成工業」)は、米国のENB※1製造装置の生産能力を40千トン/年から46千トン/年に15%増強することを決定しましたので、お知らせいたします。

 

 ENBは、自動車の窓枠やラジエターホースなどに使用される合成ゴム(EPDM※2)の製造に欠かせない成分であり、世界的な自動車生産の増加に伴い、ENBの需要も堅調に拡大しております。

 

 当社と三洋化成工業は、現在日本に1系列、米国に2系列の製造拠点を有する世界最大のENBメーカー(※当社調べ)であり、北米・欧州・アジアのタンクターミナルから成る供給ネットワークを通じて、事業展開しております。

 

 2007年に日米3系列の生産体制を構築後、ENBの需要拡大に合わせ、既存装置の生産能力増強を進めてきました。2015年には日本の製造装置の生産能力を2千トン/年増強し、この度さらに、米国の製造装置の生産能力を2020年までに6千トン/年増強することを決定しました。

 

 これら一連の増強により、2020年の生産能力は、日米合計で68千トン/年となる予定です。また、2020年以降拡大が見込まれるENB需要に対応すべく、さらなる能力増強の検討を進めております。

 

 当社と三洋化成工業は、生産体制の拡充を図ることにより、ENBの安定供給の継続に努めるとともに、ENB事業の更なる競争力強化を推進してまいります。

 

 

※1 エチリデン・ノルボルネン。EPDMの製造に欠かせない成分。

※2 エチレン・プロピレン・ジエン・メチレンリンケージ。耐熱性、耐候性に優れた合成ゴムとして、自動車用、工業用、建築用などに広く使用されており、自動車用が約80%程度を占める。エチレン、プロピレンにENBなどの第3成分を添加して合成する。

 

 

 

<ENB製造装置の生産能力の推移>

 

1979年4月    

茨城県鹿島郡(現神栖市)において、ENB第1製造装置を新設

(※1997年に20千トン/年の生産体制を構築)
2003年5月  米国テキサス州ヒューストンにおいて、ENB第2製造装置(生産能力20千トン/年)を新設
2007年7月 米国テキサス州ヒューストンにおいて、ENB第3製造装置(生産能力20千トン/年)を新設
2015年9月 日本の生産能力を22千トン/年に増強(+2千トン/年)
2018年5月

米国の生産能力を2020年までに40千トン/年から46千トン/年に増強することを決定

 ⇒ 2020年までに日米合計68千トン/年の生産体制になる予定

 

<ENB製造装置の概要>

 

装置名

 第1製造装置

第2製造装置

第3製造装置

 

 

 

日米合計

所在地

茨城県神栖市

米国テキサス州ヒューストン

操業開始

1979年4月

2003年5月

2007年7月

 

生産

能力

現在

22千トン/年

20千トン/年

20千トン/年

62千トン/年

2020年

22千トン/年

23千トン/年

23千トン/年

68千トン/年

                                              

以 上

 

 

 


 

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。