ニュースリリース

2018年度

2018年6月20日

水島製油所における石油コークス発電設備の竣工について

各位

 

 

 当社(社長:杉森 務)は、水島製油所(所長:佐倉 匡)において、石油コークス※1を燃料とするボイラ発電設備を竣工しましたので、お知らせいたします。

 

 これまで、水島製油所では、自家発電した電力と一般電気事業者から購入した電力を使用してきました。自家発電設備の燃料としては、水島製油所内で製造している重油やオフガス※2に加え、石油コークスも使用しております。石油コークスは、石油精製の過程で生成する重質油を分解した残渣であり、重油やオフガスより安価な燃料となります。本日竣工を迎えた石油コークス発電設備が追加されたことにより、購入電力の削減を図ることができるとともに、余剰となる電力を新電力として販売することが可能となります。

 

 当社は、今後も石油の有効利用を推進するとともに、コア事業である石油精製販売・化学品事業の国際競争力の強化を図ってまいります。

 

※1 石油精製の過程で生成する重質油を分解した残渣で、主成分は炭素。主にボイラ等の燃料として使用

   ※2 精製装置から発生する副生ガス(メタン・エタン等の混合ガス)

 

 

 

1.所在地                   当社水島製油所B工場

2.設備概要                ①コークスボイラ    蒸発量  530トン/時

              ②タービン発電設備     発電能力 11万kW

3.商業運転               2018年6月中旬

 

以 上

 

別紙 : 1.装置フロー概要図

               2.竣工式 

 

 

 

 

<別紙>

 

1.装置フロー概要図(水島製油所B工場)

 

    コークス発電フロー.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.竣工式

 

 (1)竣工式テープカット

IMG_8371.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           中央から左に 野呂副社長、原常務、岩瀬常務、佐倉所長

 

 

 (2)石油コークス発電設備

竣工写真③.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。