ニュースリリース

2018年度

2018年9月23日

横浜市港北区のガソリンスタンドにおける水分が混入したハイオクガソリンの販売について

各位

 

 JXTGエネルギー株式会社関東第3支店(支店長:小池 健一)管下の特約店 株式会社ENEOSフロンティア南関東カンパニー(社長:塚田 勝己)が運営しておりますENEOSマークのガソリンスタンド「Dr.Driveセルフ大倉山店」(所在地:横浜市港北区師岡町447)において販売したハイオクガソリンの一部に水分が混入していたことが判明いたしました。

 

 9月20日(木)14:00~21日(金)22:00の間に、同店にてハイオクガソリンを給油された車両のうち、6台に不具合が発生しております。つきましては、上記期間にハイオクガソリンをご購入されたお客様におかれましては、給油した際の伝票(レシート)をお手元にご用意頂き、早急に下記の連絡先までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

 

 現在、原因を特定中ですが、同店埋設設備の一部損傷により同設備に水分が混入した可能性が高いと考えられます。

 

 本事態の発生により、お客様には大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳なく、ここに謹んでお詫び申し上げます。

 

 今後は、関係官庁の指導を仰ぎながら対応に全力を尽くしていくとともに、このようなことが二度と起きないよう万全な対策を講じて参る所存です。

お客様の信頼を損ねましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます。

 

 

<お客様連絡先> (株)ENEOSフロンティア南関東カンパニー Dr.Drive大倉山店

                            TEL 045-545-9494 担当者:藤田

          受付時間 9:00~20:00

 

 

以上

<プレスリリースに関するお問い合わせ先>

JXTGエネルギー株式会社関東第3支店総務グループ:03-5495-2620

JXTGエネルギー株式会社広報部広報グループ   :03-6257-7150

株式会社ENEOSフロンティア南関東カンパニー  :045-532-2911

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。