ニュースリリース

2018年度

2018年12月17日

スクリーン用透明フィルムKALEIDO SCREEN® 飛散防止機能付きフロントタイプの販売開始について

各位

 

  当社(社長:大田 勝幸)は、このたび、飛散防止機能を新たに付加したスクリーン用透明フィルム「KALEIDO SCREEN®」(以下、「カレイドスクリーン」)のフロントタイプの販売を開始しましたので、お知らせいたします。

 

  カレイドスクリーンは、当社独自のナノテクノロジーを活用したスクリーン用透明フィルムとして、「透明性が非常に高い」との評価をいただいています。従来、ガラスなどの透明な板に映像を投影することは難しいとされてきましたが、カレイドスクリーンをガラス面などに貼り合わせることにより、スクリーンとして活用することが可能になり、これまで様々なイベントの空間演出に使用されてきました。東京タワーや名古屋テレビ塔などの商業施設やスポーツ大会の開会式における空間演出に採用され、また、情報表示を目的としたサイネージ用途としても展開しています。

 

  カレイドスクリーンのフロントタイプは、スクリーン前面に映像を投射するタイプです。今般販売を開始するにあたり、高い透明性や映像の鮮明さに加え、「さらに安全・安心に使用したい」というお客様のニーズに対応し、飛散防止機能を新たに付加しました。JIS規格を満たす本製品は、地震などの災害時にガラスが割れた場合でも破片の飛散・落下を防止し、二次災害を軽減させる効果も期待できます。これまで以上に、幅広いお客様にカレイドスクリーンを安全かつ安心してご利用頂けます。

 

  なお、東急不動産ホールディングス株式会社の本社ビルにおいて、開催されるプロジェクションマッピングイベント「Aoyama Luminous Noel」に、同製品が採用されました。ヘキサゴンジャパン株式会社が手掛ける本イベントでは、クリスマスをイメージした映像が2018年12月25日(火)まで上映されております。

 

  当社は、技術立脚型事業の一つである機能材製品の開発・展開を通じて、お客様の多様なニーズに対応してまいります。

 

 

                                                        ※ カレイドスクリーンのフロントタイプ

20181217_00_2003054.jpg

 

以 上

 

 

 

<参考>

1.KALEIDO SCREEN®(カレイドスクリーン)のフロントタイプ

20181217_01_2003054.jpg

 

 

 

2.採用例

(1)名古屋テレビ塔 Ⓒ2018NAKED Inc.

20181217_02_2003054.jpg

 

 

(2)2018女子バレーボール世界選手権の開会式演出 Ⓒ2018NAKED Inc.

20181217_03_2003054.jpg

 

 

 

3.プロジェクションマッピングイベントの概要

イベント名

Aoyama Luminous Noel

開催期間

2018年11月28日(水)~12月25日(火)日没~22時  

※土日祝含む

会場

東急不動産ホールディングス株式会社(港区南青山)

企画・運営

ヘキサゴンジャパン株式会社

 

イベントのイメージ

20181217_04_2003054.jpg

 

 

 

※本製品のウェブサイトはこちら

 

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。