ニュースリリース

2018年度

2019年2月26日

組織の改正について

 

 

各 位

 

 

当社(社長:大田 勝幸)は、2019年4月1日付(廃止は2019年3月31日付)で、下記の通り、組織の一部を改正しますので、お知らせいたします。

 

 

【改正内容】 ※以下、「 」表記は名称変更や新設による組織

       ※合同部とは当社とJXTGホールディングス株式会社における同一機能を有する合同組織(部・室)

 

1.設置・統合

(1)「ESG推進部(合同部)」

 ESGの考えに沿った企業経営によって持続的成長・企業価値の向上を実現するため、同部を設置します。

 

(2)「再生可能エネルギー部」

 次世代の柱のひとつと位置付けている電力事業を強化・拡大していくためには、再生可能エネルギーの展開が不可欠であり、事業戦略の策定、事業化の検討・推進、事業開発等を機動的、かつ効率的に進めることが可能な体制を構築するため、同部を設置します。

 

(3)「IT戦略部(合同部)」

 これまでIT戦略部と情報システム部が関係し分担してきたシステム統合業務および現行の業務システムの運用管理業務を単独の部で所掌することによって、さらなる業務遂行の効率化を推進する体制を構築するために両部を統合するものです。

 

(4)「物流管理部」

 統合新会社発足から2年を経て、物流業務の運営体制・管理手法の統一に目途がついたことから、安全操業・安定供給に加えて物流業務の効率化および人材育成をより一体的に推進する体制を構築するために、物流部と基地管理部を統合するものです。

 

(5)「川崎製油所」

 2018年9月7日付『川崎地区における組織の一体化について』にて発表のとおり、川崎製油所と川崎製造所の組織を統合し、「川崎製油所」とします。

 

2.JXTGホールディングスとの合同部化

(1)人事部、購買部、環境安全部および品質保証部

 JXTGホールディングスと一体で取り組む体制にすることで、企画・立案機能と実行機能を直結し、JXTGグループ戦略を推進するため、合同部化するものです。

 

3.事業所化

(1)「室蘭事業所」

 室蘭製造所の事業を石油製品の物流拠点(出荷基地)として再構築することから、「製造部 室蘭事業所」に名称を変更するものです。

 

4.廃止

(1)製造本部、供給本部、販売本部および化学品本部

 統合新会社発足から2年を経て、各部門の責任の明確化と事業強化について目途がついたことから本部制を廃止し、組織階層をフラット化することで、効率的な業務遂行・組織運営を実現するとともに、全社的に機動的な体制を構築します。

 

(2)事業改革推進部

 同部が推進してきた経営管理システム等の事業改革活動は達成されているため、継続遂行の必要な機能は関係各部に移管し、同部を廃止します。

 

(3)新エネルギーカンパニー

 水素事業とFC事業はカンパニー制を継続しなくとも各種施策の円滑な実行は十分に可能であると判断し、管掌役員下の部・室とします。

以 上

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。