水素ビジネス

水素供給サプライチェーン

当社の水素供給事業

水素製造出荷センター(神奈川県横浜市)

当社は、日頃お客様にお使い頂いているガソリン、軽油、灯油などの石油製品を作り出す過程で、硫黄分などの不純物を取り除くため、大量の水素を使っています。このため、製油所では水素を製造する装置を備えており、水素を効率的に取り出す技術や、安全に取り扱うノウハウを、長年にわたって蓄積しています。

また、首都圏の当社水素ステーションに水素を供給する中核的拠点として、「水素製造出荷センター」(神奈川県横浜市)を設置し、製造から販売までの水素供給サプライチェーンを構築しています。

当社は、長年、石油ビジネスを通じて日本のエネルギーを支えてきました。今後水素の利用は、自動車分野だけでなく、発電など様々な分野に広がる可能性があります。本格的な水素社会が訪れた時、水素を安全で安定的に、環境に配慮しながらお客様にお届けすること、それがエネルギー会社として当社の変わることのないミッションです。

既存インフラを活用した水素供給サプライチェーン

当社は、全国の製油所やガソリンスタンド(サービスステーション=SS)のネットワークなど、当社が保有する既存インフラを活用して、水素供給サプライチェーンの構築を進めていきたいと考えています。
長年にわたって日本のエネルギーを支えてきた、こうした既存のインフラはENEOSブランドの最大の強味です。また、各ステーションにおいては、水素の供給だけでなく、カーメンテナンスにいたるまでお客様のカーライフをトータルでサポートしていきたいと考えています。

将来の「CO2フリー水素」の可能性

現在は化石燃料由来の水素を供給しておりますが、将来的には、太陽光や風力等の再生可能エネルギー由来の電気から製造したCO2フリー水素の供給についての検討も行っています。CO2フリー水素は国内のみならず、海外からの安い水素の大量調達といった道も開けてくるかもしれません。
一方、水素の用途もFCVに限らず、水素による発電といったことも夢ではなくなる時代が来るかもしれません。
また、発生するCO2を地中に戻すCCSという技術(Carbon dioxide Capture and Storage:改質やガス化時などで発生するCO2を、大気に放出する前に分離・回収して貯蔵すること)が実用化されれば、化石燃料由来の水素であっても、CO2フリー水素として利用できる可能性があります。
このような可能性を見据えて、チャレンジを続けることで、水素社会の実現に向けて貢献をしていきたいと考えています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。