水素ビジネス

動画で見るENEOSの水素事業

今、究極のエコカーとして、水素で走る燃料電池自動車(FCV)が注目されています。走行時に出るのは水だけで、CO2やNox等の大気汚染物質は一切排出されません。ENEOS(JXTGエネルギー)では、FCVに水素を供給する「水素ステーション」の積極的な展開を進めており、石油精製事業で蓄積した水素の取り扱いに関するノウハウを活用しながら、水素の製造から輸送、販売まで、一貫したサプライチェーンを構築しています。こちらの映像では、ENEOSの水素事業への取り組みをご紹介します。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。