CSR活動トピックス

市川油槽所

  • 安全確保/環境保全

2019/9/27

公設消防等と合同防災訓練

当所は9月27日、市川市南消防署および市川共同防災センターと合同で、首都直下型地震による当所での漏油およびタンク火災を想定した合同防災訓練を実施し、総勢35人、消防車7台が参加しました。公設消防隊・共同防災隊・自衛防災隊それぞれの役割分担を確認しながら、漏油発生に対する迅速かつ的確な初期対応訓練とタンク火災への連携した消火訓練を行いました。当所は今後も実践的な訓練を積み重ね、当所立地の安全・安心のため、防災体制の強化に努めます。

  • 社会貢献活動
  • エネルギー・環境
  • 地域

2019/6/17

市川油槽所構外で清掃活動

市川油槽所は6月17日、環境月間活動の一環として、当所所員10人とローリー安全協力会員7人の合計17人が参加して、構外清掃活動を行いました。活動は毎年2回、国道357号線沿いから当所正門前につながるアクセス道路を中心に清掃しております。今後もローリー安全協力会と協力し合い、清掃活動を継続していきます。

  • 社会貢献活動
  • エネルギー・環境
  • 従業員参加

2018/11/19

構外清掃活動を実施

11月19日、市川油槽所は、所員11名およびローリー安全協力会員7名の合計18名が参加して、構外清掃活動を行いました。活動は毎年2回、国道357号線沿いから油槽所正門前につながるアクセス道路を中心に清掃しております。今回、回収したごみは可燃物が45Lの袋にして約23袋、不燃物が約7袋、粗大ごみとなるベッド2台、さらに本棚でした。

  • 安全確保/環境保全
  • 地域

2018/10/23

市川油槽所にて合同消防訓練を実施

10月23日、市川油槽所にて東京湾消防相互応援協定に基づく合同消防訓練を開催しました。この訓練は協定都市(東京都・横浜市・川崎市・千葉市・市川市)の沿岸施設等に大規模な災害が発生した場合の消防総合応援体制の連携強化を目的として実施されているものです。今年度は市川市が主催者となり、当所桟橋に衝突したタンカー積荷の海上漏洩、その後のタンカー機関部からの火災を想定し、当所自衛防災隊による初動対応訓練、5都市公設消防・千葉海上保安部ほか全13機関による油防除・拡散放水・火災消火・ヘリコプターによる海上転落者救出訓練等を実施しました。最後に主催者である市川市消防局長より「参加各機関の相互応援体制の連携強化と実践的な部隊運用の確認を通して、災害に対する消防活動体制の強化が図られ、非常に有意義な訓練であった」との講評がありました。

本社・事業所別一覧

グループ会社別一覧

JXTGは、社名もENEOSへ!

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。