堺製油所

安全への取り組み

安全方針

「グループ安全理念」および「グループ安全方針」のもと、「誰もケガをしない、させない」、「設備の事故撲滅」を目指し、以下を堺製油所の方針として取り組みます。

  1. 1.ルール遵守の徹底
  2. 2.安全諸活動の確実な実行
  3. 3.危機管理能力の向上

JXTGエネルギー株式会社 堺製油所長

安全基本ルール

特に守らなかった場合に重大な災害を引き起こす可能性のある重要な項目を「安全基本ルール」として定めています。

  1. 1.必要な作業許可を得ずに作業をしてはならない。
  2. 2.高所作業で必要な場合は、ハーネスランヤード※1を常時使用しなければならない。
  3. 3.縁切の施錠(ロックアウト)・札掛け(タグアウト)は許可を得ずに解除・除去してはならない。また、安全上クリティカルな機構(SCD※2)は許可を得ずにバイパスしてはならない。
  4. 4.許可を得ずに容器内および閉所に立ち入ってはならない。
  1. ※1ハーネスランヤード:高所作業時に墜落を防止するために着用する安全帯
  2. ※2Safety Critical Device(安全上重要な機構)

第三者による保安力評価

2017年2月に堺製油所の現場部門を対象として、安全工学会の保安力向上センターによる「保安力評価(安全基盤および安全文化の評価)」を受けました。
その結果、「安全基盤」の評価は、従来から取り組んできた「操業管理システム」の積極的な運用の成果が認められ、石油精製企業の合格レベルを大幅に上回り、高い評価を頂きました。そのうちリクスアセスメントの項目に関して、「安全・衛生の選任者配置」、「リスクアセスメントリーダー資格制度の運用」及び「非定常運転時のリスクアセスメント手順」が評価されました。
また、「安全文化」についても、安全管理や組織運営などのマネジメント的な要素と現場の実情および従業員の認識を確認して頂き、高い安全文化レベルであることが認められました。
同時に「安全基盤」では最新の技術情報入手と活用、「安全文化」では若手運転部員への技能伝承が課題として見いだされ、改善に取り組んでいます。

安全への取り組み

津波対策

緊急避難場所兼予備品高所保管倉庫

近い将来発生すると言われている南海トラフ地震とそれに伴う津波に対応するために、津波からの避難及び津波後の早期製品出荷再開に必要な資材保管を目的に緊急避難場所兼予備品保管倉庫を2015年に建設しました。また、地震と津波に対応し災害発生対応を確実にするため新防災センターを2017年に建設しました。

大規模地震対策(液状化対策)

タンク敷地の外側を粘土壁で囲み止水壁をつくり、その中の地下水を定期的に汲み上げることにより地下水を常に低レベルに保ち地盤の引き締めを行い、液状化の防止をはかっています。

防災訓練

従業員全員に防災隊員としての役割を課しており、定期的に訓練を行い自衛防衛隊の充実を図っているほか、近隣各社との共同防災も行っています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。